プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルフ・コーチング入門
セルフ・コーチング入門 (日経文庫)セルフ・コーチング入門 (日経文庫)
(2006/04)
本間 正人松瀬 理保

商品詳細を見る


セルフ・コーチングを仕組み化して生活に取り込んだら、高スペックのPCみたいにガンガン処理して物事がはかどるかしら?という問いを持って読んだ。

本書ではセルフ・コーチングのアプローチとしてGROWモデルをアレンジした「WISDOMモデル」を提唱している。
Will:志を立てる
Image:成功のイメージを描く
Source:エネルギー源を探す
DriveMap:成功までの地図を描く
Operation:行動に移す
Maintenance:習慣化への努力

こうして記述してみると、先日の勝間さんのセミナーの「人生戦略策定」と全体のアプローチはほぼ同じである。
というか、いわゆる目標達成方法や成功理論として言われているものはだいたい大まかな流れは皆似たり寄ったりで、極論すれば「いかにして行動するか=行動できるような仕組みを作るか」が勝敗を決める、ということなのだろう。

さらに、これらの成功理論にプラスして、「コーチング」の醍醐味である「自分の発想の枠を超えた新たな気づき」と「ペースメーキング、サポーターとしての帆走」がコーチによってもたらされれば、それはそれは最強なプロジェクトになるのではないか。(ちなみに、これらはセルフ・コーチングでは得られない。)
う~む。コーチっていい仕事だなあ。(気づくのが遅い?)

どなたか人生戦略策定・目標達成の「気づきのための質問」と帆走をさせてくださいませんか~?

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/91-452a6185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。