プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい
第1感  「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)
(2006/02/23)
M・グラッドウェル

商品詳細を見る


過去に1度、理由はわからないが直感が働き、その感を頼りにして動き、
大当たりだったことがある。
過去に1度(割と最近)、直感が働いたものの理由を上手く説明できなかったため、
その直感を信じず行動し、大失敗をしている。

本書はその直感=瞬時で認識する力について書かれたものだが、
直感とは、
・瞬時の判断で、ごく短時間に起こる
・判断に使うのは、体験したうちのごく薄い輪切りの一部分だけ
・このような判断は無意識に起こる
よって、何故そのように判断したのか、説明できないものらしい。
無理やり論理的に説明しようとすると、「説明を求めることにより答えを出す能力が損なわれることがある」。最近の私の失敗のように・・・
よりよい判断をしたいと思うのならば、説明できないが直感を信じたほうが上手くいくこともあるという事実を受け入れる必要がある。

ただし、直感を信じる際に、注意点がいくつか。
・見た目の第1印象は(印象を受ける側の)経験や環境に影響される
  (例えば、人種・性差別、背の高さなどによる印象は、意識的にコントロールすることは
   できるが、無意識の判断においては経験や環境に影響される)
・人の心を表情から読み取る能力は、極度な興奮時や時間が無いときには発揮できない

「直感」は人間なら誰しもが持っている能力。
やっぱり、勘が働いたら「なんとなく」でも信じてみようと思った。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/8-6e4a2ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。