プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術
最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術
(2008/03/03)
泉 正人

商品詳細を見る


フォトリ仲間のやんずさんがどっぷりハマられている泉正人さんの『最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術』。
コーチングでクライアントの行動習慣を変えたり、自分自身に新しい行動を植えつけるのに「仕組み」が欠かせないなあ・・・と常々思っており、仕組みづくりのヒントを得たいという目的で読む。

本書では仕組みづくりの黄金のルールとして
「才能に頼らない」
「意志の力に頼らない」
「記憶力に頼らない」
を挙げている。
つまり、才能が無くても、意志の力が弱くても、記憶力が無くてもできる仕組みを作ることがポイント、ということだ。

実際の仕組みづくりの例として
「ポイントカードを作る」
(→子どもがやっている「歯磨きできたらシールを1枚貼る」はこれだ!)
「誰かに宣言する」
(→私はブログで宣言するようにしている)
「TODOリストを活用する」
などが挙げられている。
さっそく、私もメーラーをアウトルックに変えて、TODOリスト作成中である。
スポーツクラブもポイントカードにしようかな。

最後に
「世の中は自分で作った仕組みで動くか、他人が作った仕組みで動くか、
そのどちらかです。(中略)自分を動かすルールは、自分で作るのです。」
うん、そうでなくっちゃ!

この記事に対するコメント
こんばんわぁ~♪
呼ばれて飛んできました。
この本、普通にビジネス書として読んでも、すごく勉強になるのですが、
株式投資の勉強をしていると、なるほどぉ~~~
と2度美味しいのです(^^)
「意思の力に頼らない」というのは、深いですよねぇ~!
【2008/07/09 23:37】 URL | やんず #JalddpaA [ 編集]

そっかあ
株式投資も「仕組み」なんですね。
あらかじめルールを作っておいて、その場でいちいち判断しない・・・って
感じでしょうか。
私はもっぱら優待狙いです(^_^;)
【2008/07/10 00:08】 URL | karika #v1d/lzOc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/72-a7f0549a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。