プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震の時、側にいてあげられなかったから仕事を辞めようか悩み中
今回の大震災で、自分にとって何が大切か、はっきりしたという方も少なくないと思います。

人生をどう生きるのか、
自分は何のために生きるのか、
そんな問いを持ち続けている方もいらっしゃると思います。

そんな中で、

タイトルのようなお悩みを
小さなお子さんをお持ちのワーキングマザーの方がつぶやいていらっしゃるのを
何回も目にしました。

そのように思うのは無理もないと思います。
多くのワーキングマザー、ファザーの心の中を
同じような想いがよぎったことと思います。

本当に、心の底から
「何よりも、どんな非常時でもすぐに駆けつけ、側に自分がいることが最優先。
そのために他のどんな犠牲もいとわない。
このことが自分にとって一番大切。」
そう思うのなら、心の声の通り、お仕事を辞められて
子どもの側にすぐ駆けつけることができる、
そんな生活を選択をされたらいいと思います。

ただ、

ある一つの価値観が正論を声高に叫んで他の価値観を抑えつけようとする

これって、実はコーチングで時々扱うパターンだったりします。

人が持っている価値観は1つじゃありません。
AもBもCもあればDもある。
人には言えないけどEやFな自分もいる。
自分でも気がついていないGな自分もいたりする。

人ってそれ自身がとても多様性を持っているのです。

なので、

今、感情面でもストレス的にも平常とはいえないこの時期に
安易に1つの価値観の声だけを信じて、もやもやしたまま
えいっ!と決断しないで欲しいなと思います。

自分のコア(中心)の部分が、正常なエネルギーを回復するまで
ちょっとその問いを持ち続けておいてもいいと思います。

そして、
地震の時にすぐに駆けつけることができなかった自分を
どうかもうこれ以上責めないで欲しいと思います。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/678-ef1c4b66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。