プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無断引用から学んだこと
今日、あるメールに案内されていたサイトをクリックしたところ
そのページの一部に、私のHP(このサイトの1つ前のHP)に掲載していた
コーチングに関する説明文がそっくりそのまま使われていることに気がつきました。

何故それがすぐにわかったかというと、
自分でもずいぶん苦労して作文した記憶があるからです。

盗作や無断引用の話は知人から聞いたことはありますが
自分の身に起こったのは初めてで、気づいた瞬間は心臓がバクバクいって
「ドキドキしてる~!」と慌てて口に出して
次のコーチングセッションのために一時退避を行うくらいでした。


さて、今回、一番頭を抱えてしまったのが、
相手が知人であることです。

恐らくとても近い間柄なら直接連絡を取ったと思います。
(まあ、近い間柄なら、私の文章を無断引用なんてしないと思いますが。)

しかし「同じ業界でこれからも顔をあわせるに違いない」ぐらいの距離なので
(現に近々言葉は交わすことになりそうです)
いきなりこの件だけで連絡するのもどうかと思いました。

それに、彼女にもきっと良心があり、
無断引用したことに罪悪感を抱いているに違いないという
願いにも似た思い込みもありました。

そして「私達はコーチとしてこれからどういう関係性でありたいのか」
という視点に立ったときに
「わかりやすい説明で多くの人にコーチングを届けること」が大切であり
それに比べると目の前の無断引用という問題は大したことではないと思えるようになったのです。

以上はシステムコーチングの「協働関係を築くコーチング」を応用して
セルフコーチングした結果、導かれた結論なのですが
「私たち」という視点に立ったときに、
目の前の問題と私たちのミッションの大きさの対比がはっきりしてきたんですね。

そして、今回の件で、彼女の弱さ(弱点というよりも強いところばかりではない部分)
を知った気がしています。
所詮、彼女もコーチである以前に1人の人間であるということ。
失敗だってするということ。
やってはいけないことをやってしまったということから学べる人であると思っています。

彼女へ。
もしも、これを読んだら、ここからあなたなりの学びを深めていただければ嬉しいです。

この記事に対するコメント
違うとおもうんだ
うーん、かなり悩ましいよね。
だけど
>目の前の無断引用という問題は大したことではない
ということで見過ごす(わけではないんだろうけど、指摘して変えてもらわない)ということは今後、かなさんだけじゃなくて、他の人に「それでいいんだ」という道を付けちゃうことになる。
大学院であれば無断盗用の引用で論文だしちゃうと、除籍処分レベルの重いこと。つい!という気持ちでも、やっちゃいけないことってあるから、ここは、きちんと言うことが、彼女のためにもなるし、他の頑張ってるコーチのためでもあるとおもうのだ。。。偉そうにごめんね。まちゃ。
【2011/02/25 11:56】 URL | まちゃ #- [ 編集]

まちゃの言うとおりだね
私も「人間だから失敗することもあるよね。だから無断引用しても仕方ないよね。」というつもりは全くないんだ。
その点については許しているわけでもない。
他の人が「それでいいんだ」という道をつけたとしたら、それはその人がそう解釈したいから。
確かに私は余地を残したのかもしれないけれど、1か0の世界ではないと思っているの。

そして、
今回は従来の方法ではないアプローチを試みたいと思っている。
ちょうど、その新たなアプローチを理解しようとしていた時に起きた出来事だったので。
私の属するあらゆるシステムのために、「出現する未来」を理解するために。

アドバイス、ありがとう。
おかげでまた深く考えることができました。
【2011/02/26 00:07】 URL | Karika #v1d/lzOc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/657-6eb7f36c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。