プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図解NLPコーチング術―やる気と能力を引き出す
図解NLPコーチング術―やる気と能力を引き出す図解NLPコーチング術―やる気と能力を引き出す
(2007/04)
木村 佳世子

商品詳細を見る


引き続きNLP関連。
こちらは、「NLPをコーチングに取り入れるとどうなるか」について書かれた本。
第1章、第2章でNLPの概要について説明しているものの、
やはり入門編としては「実務入門 NLPの基本がわかる本」の方がわかりやすい。
いきなりこの本(NLPコーチング術)を読んいたら、わかったようなわからなかったような状態になっていたと思われる。

さて、「実務入門 NLPの基本がわかる本」でNLPの基本を頭に叩き込んだ時から
コーチングへの応用方法は薄々気がついていたのだが、
本書では「目標設定」を題材とした実践的方法が書かれており、
かつその方法がコーチングとして違和感のないものだったので、
意外とすんなりと自分のコーチングに取り入れることができた。
しかしながら、キャリブレーション(観察力)については、
対面コーチングではその威力を発揮するものの、
電話コーチングではコーチの聴覚と第6感に依るところが大きいと思われ。
NLPって対面が大前提なのかしら。

第6章「NLPのピンポイント・ワーク」の3つのワーク(ビジュアル・スクワッシュ、タイムライン、ディズニー・ストラテジー)については、未体験なので実際の効果については何とも言えず。
今度セルフワークでやってみよう。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/63-1840a7a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。