プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年賀状を読んでいて思ったこと
正月三が日に届いた年賀状を読んでいて、ふと思ったことがあります。

「娘は○○に夢中です。」とか
「次男は受験です。」とか
お子さんの近況を書いてくださる方、結構いらっしゃるんですよね。

私も親戚への年賀状は子どもの近況を書きます。
「夫婦でクロスバイクにハマっています」なんて書いても
「クロスバイクって何?」って高齢の方も多いですから。

でも、古い友人にこそ
本当は自分の近況を知らせて欲しいなと思います。
今は何に夢中になっていて、どんなことを頑張っているのか?
(夢中になっているのが「嵐」だって構わないと思います。)
もしくは、どんなことにチャレンジしたいと思っているのか。

ご家族のことも知りたいけれど
直接の友人である、あなたのことを本当はもっと知りたい。
でも、残念ながら本人についてはコメントも写真も無いことが多かったりします。


あと、「お子さんの成長が楽しみですね」ってコメントを拝見して気がついたこと。

私は当然子どもの成長も楽しみにしているのですが
同じぐらい自分の成長も楽しみにしているってこと。

夫のお腹の成長はこの辺で勘弁して欲しいと思っているんですがね。


この記事に対するコメント

私も同意見です。
友人の子供の近況は、正直私にとっておまけであり
友人個人の近況が知りたいです。

例えば、PTAの役員になって大変です。の一言が
友人の近況がわかり私は嬉しく思えました。
【2011/01/03 22:41】 URL | くっきぃ #- [ 編集]

そうですよね
自分は書くほどのことをしていないって意識があるのかな?
たいそうなことじゃないと書いちゃいけない気がするのかな?
自分の話を書いてくれたら、勇気づけられたり、励みになったり
共感したりできたりもするのにね。
【2011/01/04 16:40】 URL | Karika #v1d/lzOc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/620-4c9e986d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。