プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌が世界を動かした!―ウィ・アー・ザ・ワールド物語
昨年、マイケル・ジャクソンが亡くなった際にテレビに流れたミュージックビデオをきっかけに
8歳の娘は瞬く間に彼のファンになりました。

Youtubeでミュージックビデオを見たり、
今年のお正月には一緒に「This is it」を見に行ったりしました。

そんな娘のために、私の妹がクリスマスプレゼントで贈ってくれた絵本が
歌が世界を動かした!―ウィ・アー・ザ・ワールド物語」。

あの有名な「We are the world」ができるまでの経緯とレコーディングの一夜についての物語です。

「We are the world」は45人のアーティストが集結して創られた作品ですが
絵本には45人全員の姿が描かれています。
それも、レコーディングの衣装そのままに。

Youtubeで同曲を検索すると、登場するアーティスト名を字幕で示してくれるものがあります。
そんな動画を見ながらこの絵本を見ると、誰がどの人物かがわかって2度楽しめます。

ちなみに、藤城 清治さんといえば
どなたでも一度は見たことのある影絵でおなじみの方です。

この絵本が描かれたのは1997年、藤城さんが73歳の時です。
45人のアーティストへの好奇心はただものではなかったと思います。
よくぞここまでそっくりに描いたと感心してしまいます。

蛇足ですが、レコーディングの合言葉は「普段着でやろう!」だったそうです。
金ピカ衣装はマイケルの普段着だったんですね。




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/617-d6bb20e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。