プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─
勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─
(2008/04/04)
勝間 和代

商品詳細を見る


利益の生み出し方を直感でつかめるような簡単な方程式で示すことにより、
トップだけでなく現場でも、売上ではなく利益で、業績を捉えようという本。
具体的には、利益を「顧客単価」「顧客獲得コスト」「顧客原価」「顧客数」の4つの要素に分解し、それぞれを改善することによって利益増加を図ろうというもの。

勝間式利益の方程式は以下のとおり。
  利益=(顧客単価-顧客獲得コスト-顧客原価)×顧客数

じゃあ、顧客単価・顧客数を上げて顧客獲得コスト・顧客原価を下げればいいかというと、
話はそう簡単にはいかず、顧客単価と顧客数は相反したり、顧客数を増やすために顧客獲得コストをかけすぎてもいけないし、
顧客原価を下げすぎると明らかにお客が減ったり・・・と、
それぞれの落としどころが難しい。
本書では、それら最適解を見つけるための『テクニック』と「仮説構築」「実行」「検証」といった『実証プロセス』まで用意されている。

前の会社では営業担当役員だったこともあって営業の企画から運営まで自分のアイデアを実行に移すことができたのだが、今あの環境にいたら、これらの実証プロセスを片っ端からやってみるのに~~と思った。

ちなみにサブタイトルの「商売は粉もの屋に学べ!」に期待して本を読むと裏切られます(笑)

この記事に対するコメント
興味あり!
karikaさん、こんにちは。
うちのブログをふたつもリンクしてくださってありがとうございます!!

この本、とっても興味あります。先日お渡しした、コーチングの「主要なテーマ」の中の「収益を上げる」を取り上げる時期にきたら、ぜひ貸してください。
よろしくお願いしまーす。
【2008/06/18 13:17】 URL | さくら #k2FhTADY [ 編集]


さくらさん、コメントありがとう!
リンク貼りっぱなしで連絡もせず、ごめんなさい。
今度、ちゃんと皆さんにもお知らせしておくからね~~
【2008/06/18 16:11】 URL | karika #v1d/lzOc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/58-e4972bf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。