プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルカはどうやって芸を覚えるのか
南紀白浜では、これまた恒例のアドベンチャーワールドへ行ってきました。

ちょうど双子のパンダの赤ちゃんが先月生まれたばかりで
お天気は雨なのに、赤ちゃんをひと目見ようという人たちで結構混んでいました。

で、これまたお約束のイルカショーを見たわけですが、
今回はこの本を読んでいたので、ちょっと興味津々でした。

シャチのシャムー、人づきあいを教える―ポジティブな人間関係の驚くべきパワー



この本によると(この本ではシャチですが、人間を食べてしまう可能性がある以外は基本的にイルカも同じ方法で訓練されていると思います)、

まず、シャチとトレーナーの信頼関係ができるまでは、訓練することすらできない。

よって長い時間をかけて、それこそトレーナーは忍耐力を持って、
彼らがトレーナーを信頼できるやつだと確信してくれるまで、水の中で遊ぶそうです。

そして、実際に信頼関係が構築された後に訓練に入るわけですが、
ここでは

良い面を強調する

という手法が取られています。
と同時に、悪い面は「無視する」又は「方向転換する」のです。

具体的にはこんな感じ。

・水中にロープを張ります。(ロープの上も下もくぐれるような深さでロープを張ります。)
  ↓
・ロープの下をシャチがくぐってもトレーナーは反応しません。無視します。
  ↓
・シャチがロープの上をくぐったときにはシャチに注目し、エサを与えます。
  ↓
・やがて、シャチも「ロープの上をくぐると反応がありご褒美がもらえる」ということを認識し、
ロープの上を頻繁に通るようになります。
  ↓
・トレーナーはロープを徐々に上げていきます。

要は「よくできました!」がシャチの芸を育てるのであって
ロープを超えなかったシャチを「何でそんなことをしたんだ!」なんて怒ったりしないわけですね。

人間関係も同じなわけで。

良くない行いをした時よりも良い行いをした時こそ、親や上司の出番であるということを教えてくれる本です。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/573-02d3f63d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。