プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関係性の4つの毒素(侮辱)
前回に引き続き「結婚生活を成功させる七つの原則」より、
関係性の4つの毒素、今回は「侮辱」のお話。

「侮辱」は「非難」に上下差が含まれる感じです。
バカにする、見下す、皮肉を言う、相手の品性を疑う、
自分は相手と同じような(低い)レベルではない/相手は自分と同じ(高い)レベルではないetc.

<例>
(あるタスクを忘れてしまったことを先輩に注意された後輩が
「TODOリストに記入したので、もう同じ失敗は繰り返しません」と述べたのに対し、)
先輩「ちゃんとメモしたからもう忘れないって?!へ~、そう。
   ま、期待するだけ無駄って感じだけど。」

発言する方として考えると、非難も侮辱も一緒くたにして発言してしまっていると思います。

が、言われる側に立つと、明らかに「非難」と「侮辱」は痛さが異なりますね。(あくまでも個人の感想ですが。)
「実はそんな風に思っていたんだ」
「自分は信用されていないんだ」って思います。
そして、「非難」より「侮辱」の方が、明らかに回復が遅いです。引きずります。

ちなみに、互いに侮辱しあっている夫婦は、他の夫婦より
病気(風邪やインフルエンザ等)になり率が高いそうです。


上記の会話例は私が本書を解釈し、作ったものです。
より多くの会話例はこちらに掲載されています。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/553-97038c61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。