プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
(2007/12/07)
細谷 功

商品詳細を見る


ちょっと前からよく見かける「地頭力」という言葉。
これってなあに。
ふむふむ、論理的思考の本らしい・・・ということで読んでみました。

著者は、まず「頭がいい人」を
1.知識、記憶力のある人
2.対人感性力のある人
3.考える力=地頭力のある人
の3つの種類で定義しています。
その上で、ネットで情報が誰にでも簡単に入手できる今、1の能力はすでに時代遅れで
これからは2&3を有する人がこれらの能力を触媒として新しい知識を増幅していく、と述べています。
同時に、2&3の人は「適応力があって、どんな分野にも強い人=地頭型多能人」として、これからの時代に求められる人物であると述べています。

次に「Q.日本には電信柱が何本あるかを、何も見ないで3分で答えよ」
という例題を基にフェルミ推定と呼ばれる概数推定の方法をまず解説してくれます。
そして、タイトルにもなっている「地頭力」をつけるために有効な3つの思考力
・仮説思考力・・・結論(仮説)から考える力
・フレームワーク思考力(全体から考える)
・抽象化思考力(枝葉を落とし単純に考える)
について解説してくれます。

さて、フェルミ推定を実際のビジネスにどう応用するかですが、
この本を読んだだけではいまひとつ思い浮かびません。
(コンサルティング案件をもっていればすぐに応用できそうですが。)
ケーススタディの「積上君と地頭課長」の会話を読む限りは、
私も全く地頭センスがないわけでもなさそうな(電柱の例題でも結構いい線
いっていましたし)気もしますが、フェルミ推定も3つの思考力も、
プロセスを読んだだけではすぐ応用できません。
巻末にちょっとした問題集がありますので、まじめに練習しようかしら。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/50-ec87bb91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。