プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/3/19 伝えたかった言葉(1)
昨日は娘との約束を果たすためにTDLへ行ってきたのですが
いくつか記憶を記録しておきたいと思います。

○ビーバーブラザースのカヌー探検で

カヌーの一番後ろの席に娘と座りました。

何故かすばらしくやる気の少ない乗組員で、
皆さん、笑ったり休んだりして全然漕がないわけです。

でも、カヌーはぐんぐん進んでいく・・・
何故か?
我々の後ろにいるキャストのお兄さんが
ただ1人、ひたすら全力で漕いでいるからです。

私と娘はその姿が視界の端っこに映るわけです。
・・・休めません。
申し訳なくて、私も微力ながらひたすら漕ぎ続けました。

娘にも「少し休んでいいよ」と言ったのですが
「平気!」っていいながら、ずっと漕いでいました。

そして、みんなで頑張った甲斐あってキャストのお兄さんのおかげで
あっという間にカヌーは1周し、船着場に戻りました。

出口が前方にあるから仕方ないんですけどね、
誰も後ろのお兄さんに一言も、顔すら向けずに去っていってしまうのです。

私達がカヌーを降り振り返ると、当のお兄さんも
さっさと次のゲストを乗せるための準備に入っていました。

でも、やっぱり。

「ありがとうございました♪」
歩み寄って、一言挨拶してきました。
だってさ、やっぱりお兄さんのおかげだもん。

(追記)
おかげで、今日は私が左腕と左肩、
小1の娘が右腕と右肩が
それぞれ筋肉痛です(笑)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/487-59ad2c69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。