プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7割は課長にさえなれません
男女の賃金格差、氷河期世代、派遣切り、正社員の賃金減少・・・
労働環境を取り巻く何ともしがたい状態が実はどのような背景によって成り立っているのかを、鮮やかな切り口で明快に解説している。

特に、今打たれている派遣規制や雇用調整助成金などの施策が「政府と経営者、労組、マスコミ」による経営者と正社員の既得権を守るためのものであるということ。

「え、労組は経営者と相対する立場でしょ?」
それは正社員より上のピラミッド構造内での話。
そして、テレビも新聞も、「正社員より上のピラミッド構造の中の人」が「正社員より上の人向け」に情報を流している。
本質なんて伝わってこないんだ。

本書では、このピラミッド構造、つまり正社員らとそれより下の非正規社員、フリーター、高学歴ワーキングプア、就職機会を奪われる若者達他を「カースト制度のような身分制度」と表現しているが、とてもしっくりくる。

そして、これでもかこれでもかと身分制度により閉塞感にあえぐ人々が描写され、
正直読み進むにしたがって気分が重くなった。

でも、これが今の日本の現実。
「さあ、どうする!」と問題を突きつけられた感がある。

この背景は自分は管理職だから関係ない、正社員だから関係ない、ではなく
年齢立場問わずに知っておいた方がいいと思う。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/476-3f49309b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。