プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナマケモノでも「幸せなお金持ち」になれる本
ナマケモノでも「幸せなお金持ち」になれる本ナマケモノでも「幸せなお金持ち」になれる本
(2003/11/22)
アーニー・J・ゼリンスキー

商品詳細を見る


本書でいう「ナマケモノ」とは、「長時間労働で私生活や健康を犠牲にすることなく、一日4、5時間しか働かない人間」のこと。
しかし、当然、ただ4、5時間働けばいいというのではなく、「自分の好きなことを仕事とし、独創力を発揮して生産性を高める」働き方である。

「長時間労働、勤勉が美徳であるという社会通念に縛られるな。
あくせく働かずに豊かな暮らしを手に入れるには、世間一般で言われる成功の定義を受け入れないこと」
「心から楽しめる仕事を選び情熱を注げば、その道を極めることができ、収入に結びつく」
「本当の自分が望んでいるものが何かを見極める」
などついては「ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある」に通じるものがある。

また、第5章「時間は金で買えない」には”ペースを落とせば持ち時間が長くなる”という「タイムシフティング」と同じ考え方も出てくる。

第3章で「独創力が富を生む」といいながら第4章で「金の本質を理解すれば、あくせく働く生活とさよならできる」(つまり、物欲をなくせばあくせく働く必要はないよ、そこそこの収入で満足できるよ)と書いているあたり、やっぱりあくまでも「幸せな小金持ち」を目指せ、といったところか。
おっと、世間一般の成功定義を受け入れてはいけないんだった(汗)
「お金持ち」っていうより「自分が満足できる生活」ができる本として読んだ方がいいかも。

ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある」のワクワクを洗い出した後に、もう一度具体的な行動を想定しながら読み直したいです。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/37-a82c1c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。