プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある
ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。
(1999/10/01)
マイク マクマナス

商品詳細を見る


「今の仕事は本当に自分のやりたいこととは違うような気がする・・・」
「自分の天職って何だろう・・・?」

本書のエッセンスは『本当に「好き」「ワクワクする」ことだけを行う人生を送ろう』ということ。
人生のアンバランスの元になっているマイナス因子(私生活や仕事の前進を妨げる人や活動)を日常生活から取り除き、プラス因子(私生活や仕事を前向きに推し進めてくれる活動や人物)を生活に取り込む。
もっと具体的に言うと「ワクワクしない仕事や活動、人間関係はさっさとやめて、ワクワクすることをすべて同時にやる生活をしよう」ということ。
「そんなこと言ったって好きなことだけやって生活できるわけないでしょ!」と言いたくなるのだが、
以下の6つの社会通念の誤った考え方(責任感のウソ・やる気のウソ・能力のウソ・決断のウソ・妥協のウソ・優先順位のウソ)に関する記述が意外と説得力がある。
例えば、 
「やる気のウソ」
  やる気を出す必要があるのは、やりたくないことをやっているから。
  ワクワクすることをやるとき、モチベーションアップなんて意識しなくても
  やる気満々である。
「決断のウソ」
  なかなか決断できない時は、まだ潜在意識が情報収集中で
  次に起こることに備えている最中であるから。
  よって決断を先延ばしにして構わない。
「能力のウソ」
  適性があると言われたからといってそれをする必要はなければ、
  好きになる必要もない。
  しかし、適性がなくてもワクワクすることならやった方がいい。
  必ずしも技術的に優秀でなくても多くの人たちが職業人として成功している。

好きなことでどうやって生計を立てていくのかについては、第4部「人生の方向性と仕事とお金」で述べられている。
一言でいうと「ワクワクに根ざした生活をしていれば、仕事は向こうからやってくる」ということ。
ソースのプログラム実践者の例がいくつも紹介されているが、
いずれも「小さな一歩」から始めたワクワクがいくつかの経緯をたどり、それなりの仕事に結びついている。

やっぱりね、やりたくないことをやるのは無駄なエネルギーを消耗するだけですよ。
この本どおりに実践したいとつくづく思いました。


この記事に対するコメント
読みました
「やる気のウソ」「能力のウソ」「決断のウソ」にとても共感を得ました。

私自身を振り返って・・・

ぐずぐず悩み続けた末、取るべき道が明らかになった時は
それ以外は全く考えない状態だったし・・・決断のウソ

いくら他人が私に対し「こんな事が向いている」と薦められても
興味をもてない事は中々受け入れられない・・・能力のウソ

苦手としている事でも(今、こうして文章を書いている事も含め)
自分でどうしても、やりたいと思うことはやってしまう・・・やる気のウソ

こんな自分が不器用で生きにくいなぁ~と感じています。
だけど、この本の超楽観的な(?)考え方は悲観的になりがちな私にとって
励みになりました。
【2008/06/24 22:51】 URL | くっきぃ #- [ 編集]


くっきぃさん
感想どうもありがとう。
その本にも少し書かれているけれど、自分の「ソースの本質」が具体的に何であるかがわかると、自分らしく活き活きと生活するツールみたいなものがはっきりします。
例えば、私の場合、「音楽によって元気になったり、ハイになったり、リラックスできたりする」ので、家事やネットや文章を書くときは、できるだけ音楽をかけておくようにしています。
結局は、「自分の潜在能力を最大限発揮する環境作り」なんですけどね。
【2008/06/24 23:37】 URL | karika #v1d/lzOc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/36-dd07a950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。