プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさしぶりのほいくえんをね。
「おはよう!
きょうは、はやくかいしゃにいかないと、いけなくなりましたね。
がんばってください。
sanisaちゃんもがんばります。
ひさしぶりのほいくえんをね。」

本日は遠方での研修のため、
娘の起床時間よりも早く家を出る必要がありました。

前の晩に「明日、朝読んでね」と渡された手紙の内容が
上記の文章です。

実は、sanisa(娘)、お腹の風邪で昨日、一昨日と保育園を休んでいました。
「ひさしぶりのほいくえん」とは、先週の金曜日以来だからなのですが、
それにしても6歳でこんな倒置法が書けるんですね。
どこで覚えてくるんでしょう。びっくりしました。


この記事に対するコメント
たしかにすごいね
倒置法は一般の日本語感覚からすると、高度な語法ですね。
逆に、英語を話すときは、先に「私はがんばります」といってから、目的語である
「ひさしぶりのほいくえんを」と続けるのが自然な流れだと思いますので、すでに、お嬢さんには国際派の素養を感じます。こちらは、数週間英語学校で格闘していますが、日本語的発想はそう簡単にぬけきれません。
しかし、それよりも何よりも、早く出かけていくお母さんに、お手紙を書いて自分の気持ちを伝えることができるお嬢さんが、なんと優しいのだろうと、感動しました。
【2009/01/16 14:16】 URL | KAORI-B #- [ 編集]

そこまでの素養は・・・(笑)
別に英語を習っているとかそういうことではないので
国際派の素養なんてないと思うのですが
(なんせ、英語ちょっとやってみる?って聞いても
ヤダーって即答されちゃいますから)
手紙を書くことは好きみたいです。
保育園の先生の誕生日にも、せっせとバースディカードを書いて
持参していました。
人を喜ばせる素養はあるかもしれませんね。
【2009/01/16 20:32】 URL | Karika #v1d/lzOc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/233-72aef3e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。