プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイムシフティング-無限の時間を創り出す
タイムシフティング―無限の時間を創り出すタイムシフティング―無限の時間を創り出す
(1997/05)
ステファン レクトシャッフェン

商品詳細を見る


ここ数ヶ月の間、相次ぐ同僚の退職、営業引き合いの増加、納期の重複などで極端に業務量が増大し、朝7時に出社、昼食をとることも間々ならない生活に追われていた。
・・・そして、案の定、体調を崩した。

「タイムシフティング-無限の時間を創り出す」を読んで、自分が完全に会社の異常なペースに同調していたと反省。
本書では、タイムシフティング(スピードダウン)し、ストレスの存在しない今という瞬間を生きることを提案している。その結果、何よりも貴重でありふれたもの、”生活そのもの”にもっとゆとりができ、私たちをさらに豊かにしてくれる、というもの。

タイムシフティングの実践として主なポイントは以下の通り。
・今に入り込むこと
・時間に境界線を設けること
・ありふれた日常に敬意を払うこと
・自然発生的な時間を造りだすこと
・何でも自分のしたいことをすること
・修養の時間を造りだすこと

例えば、ただ「呼吸に意識を集中して深呼吸を2、3回する」でも簡単なタイムシフティングが可能だし、「他のことを考えずに、アイロンがけに集中する」でも良い。
ただし大切なのは、タイムシフティングするために必要であれば、はっきりと「No」と言うこと。
他の用事を断って(もしくは後にしてもらって)、完全に自分だけの時間を確保するのが大前提である。

振り返ってみると、私の場合、たまの休日にやっていた「大人の塗り絵」がまさにタイムシフティングであった。
誰にも邪魔されないし(「お母さんは塗り絵をする!」と宣言して子供に阻止されたことは一度もない。子供も喜んで自分の塗り絵を持ち出して、並んで塗り絵をすることになる。)何よりもその瞬間は塗り絵だけに没頭していた。

本書の後半では、「自分」「人間関係」「子供」「仕事」など各カテゴリー別のタイムシフティング実践例が記述されている。
なお、他人とのペースが合わないと、ぎくしゃくするなど人間関係に影響が出てくるそうで、周囲の人間とのコミュニケーションが上手くいっていない場合にもタイムシフティングは有効であるそうだ。
家族や周りの人達との“ペースの同調“を意識しながら日々を送っていこうと思った。

この記事に対するコメント
祝・ブログ開設!
ステキなブログですね。karikaさんは、頑張りすぎちゃうんですか?わた氏は放っておくとすぐに怠けちゃいたいタイプなので、正直そういう方がうらやましいです。ところで「バケツに水を注ぐ」って?
【2008/03/19 01:33】 URL | TAMO #- [ 編集]

ご来訪ありがとうございます
TAMOさん、コメント、ありがとうございます。
初コメントです。嬉しい♪

「バケツに水を注ぐ」というのは、
どのくらいの大きさでもよいのでバケツを用意し、
水道の蛇口から勢い良く水をジャー!!!って・・・(笑)

冗談はさておき、「バケツ」については近々にフォトリし直してご報告しますね。
【2008/03/19 20:42】 URL | karika #v1d/lzOc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/2-83ddf4d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。