プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーレア島に行ってきた(4) ポリネシアンダンスショー編
忘れた頃に蘇る「モーレア島シリーズ」(笑)

昨年のボラボラ島ではちょうどヘイヴァ(タヒチの国をあげてのお祭り。国体みたいなもの?)の期間中で、ホテルでのポリネシアンダンスショーがすべて休止されていました。
そこで、今年こそはとポリネシアンダンスショーのあるビュッフェを、一番前のテーブルで予約しました。

お決まりで、前の方のテーブルから何人かはステージエリアに連れて行かれて一緒に踊るハメになります。ここまでは心の準備ができているので、私も「来たか~」ぐらいの気持ちで踊ってきました。

喜劇はこの後、起こりました。
だいたいショーの山場は最後に用意されており、そこで繰り広げられるのは観客がやんややんやと盛り上がるショーです。しかも、当日のショーの進行役の老タヒチアンは、渋いお笑い系でした。

餌食になったのは、まーちゃん。そう、私のパートナーです。
ステージエリア中央にひとり連れ出され、いきなり「服を脱げ!」と言われ、
おろおろするものの、周りの雰囲気から言われるまま行動せざるを得ない状況です。
そして危うくパンツ一枚になる寸前に、「待て!」の指示が入り、
そこで初めて、このショーが”男性のパレオの巻き方教室”であることが判明しました。

この老タヒチアン、パレオの巻き方だけでなく、
奇声や変なポーズまでまねする事を要求するのです。
挙句の果ては、彼の代わりに英語で司会のセリフまで言わされ、
ポリネシアンダンスを老タヒチアンと二人で披露しました。
白く、たぷたぷとした体形は、タヒチアンダンサーというより相撲取り・・・。
観客はもちろんのこと、後ろの楽器担当タヒチアンやダンサーまで大笑い。
私も娘をひとりテーブルに置き去りにしたまま、
ベストポジションで溢れ出る涙をぬぐうことも出来ず(だって本当に可笑しかったから)、
ビデオカメラを構えていました。

このショーがどのくらい観客にウケたかというと、
・ショー終了後に、まーちゃんへの賛辞を伝えにいろいろな国の方が来てくださった
・翌日もホテル内で目が会うと、皆さんにっこり挨拶してくれた
・チェックアウトの際も「彼には笑わせてもらった」と米国人らしき宿泊客に言われた

皆さんのステキな夏休みの思い出を担えたならば光栄です。
(担ったのはまーちゃんだけど)

moorea7ショーの後まーちゃんが花輪をいただいたので、sanisaがつけてみました

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/108-3a47b6d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。