プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自助論
スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫
(2002/03)
サミュエル スマイルズ

商品詳細を見る


<自助の精神>人生は自分の手でしか開けない!
<忍耐>雨霜に打たれてこそ若芽は強く伸びる!
<好機、再び来らず>人生の転機を見抜く才覚、活かす才覚
<仕事>向上意欲の前にカベはない!
<意志と活力>自分の使命に燃えて生きる!
<時間の知恵>「実務能力」のない者に成功者なし
<金の知恵>楽をするには汗をかけ!
<自己修養>最高の知的素養は一日の仕事から生まれる
<すばらしい出会い>人生の師・人生の友・人生の書
<人間の器量>人格は一生通用する唯一の宝だ!

各章のタイトルだけを並べるとこんな感じです。
よくある自己啓発書?そうかもしれません。
しかし、何よりも信じがたいのは本書が1858年に書かれているということ!
今からちょうど150年前です。
150年経っても「人生は自分の手で開くもの!」とか相変わらず言われ続けているところを見ると、いかに自己鍛錬というものが人間にとって難しいものなのか、と思い知らされます。
と同時に、時が経っても変われない人間の未熟さが少しかわいいものに思えたりもします。

「読書を自己啓発の手段と思い混んでいる人は多い。
だが実際には、本を読んで時間をつぶしているだけの話だ。
この暇つぶしに何か有益な点があるとすれば、
せいぜい悪事を働くゆとりをその人から奪うことくらいなものだ。」
ちょっと耳が痛いです。

この記事に対するコメント
行動あるのみですね
当たり前のことを、当たり前にやるのが難しいんですよねぇ~。
私も、この本読んでみます。
(本棚にあったけど、まだ読んでいなかったので)
【2008/08/16 00:17】 URL | やんず #JalddpaA [ 編集]

そうそう
自分の道は自分で切り開く。
チャレンジャー(最近周りによくそう言われる)の私にはぴったりの本でした!
【2008/08/16 13:35】 URL | karika #v1d/lzOc [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/102-778e0a87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。