プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「頑張って」に代わる言葉
以前、小児科医の知人の日記で
「十分頑張っているのに、それ以上『頑張れ』とは言えないから、
自分は決して『頑張ってください』とは言わない。
むしろ『頑張らないで』『楽してください』と言う」
という話がありました。
子どもの病気のことでもうこれ以上ないくらいに頑張っている親に向かって
「頑張って」なんて言えないというその気持ちにすごく共感しました。

私のコーチにも
「よくコーチは『頑張りましょう』って言うんだけど、私はあまりその言葉は使わない」
と言われたことがあります。上記知人と同じ理由であったと記憶しています。

私も、全身全霊で頑張っている人に「頑張って」と書いてしまうのはどうかと思いながら
それに代わる言葉はないものか、ずーっと頭の片隅で探していました。
そして、今日、私がある人に書いたメッセージ。
「 あせらず、マイペースで行きましょう!応援しています。」
うん。これでいいんじゃない?
やっとしっくりきました。

この記事に対するコメント
英語だと
野球の試合にいく子供に、
『頑張って』とは言わず、
『楽しんでおいで!』と言うのだと聞いたことがあります。
受ける印象が大分違いますよね~♪
【2008/08/14 02:02】 URL | やんず #JalddpaA [ 編集]

それもいいね
別れ際の言葉として「頑張って」が深くプログラミングされているんですよね。
書き換えしたいなあ。
【2008/08/14 15:25】 URL | karika #v1d/lzOc [ 編集]

私の場合
こんばんは

「がんばって」と言ってもいい場合と、そうじゃない場合があるとは思います。いや、むしろ「がんばって」と言って、ちょっとだけ後押ししてもいいときもあると思います。

私の外来は、せっぱ詰まっているお母さんたちがほとんどなので、「まず、やってみてください」と言っています。

そして、2日後にこちらから電話をかけて、うまくいっているのを確認してから、「次は、ちょっと楽しんでみてください」と話しています。

声掛けって難しいと思います
【2008/08/15 23:38】 URL | わんちゃん #FsLi9vu. [ 編集]

あ、先生!
すみません、ネタを拝借しています!(笑)
切羽詰った状況では、先生に言われた一言を引きずってしまう場合がありますよね。
でも、日記を拝見する限りですが、わんちゃんてコーチみたいに「患者とその保護者と共にその場にいる」お医者さんというイメージがあります。
病院が神奈川(だと勝手に思っている)でなければ、近隣のアレルギーを持つ子のお母さんにばんばん宣伝しちゃうのに・・・。
【2008/08/16 13:33】 URL | karika #v1d/lzOc [ 編集]


人からは「セールスマンみたいな外来」と言われております
【2008/08/16 22:53】 URL | わんちゃん #FsLi9vu. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://karika7.blog46.fc2.com/tb.php/100-682806f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。