プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルカはどうやって芸を覚えるのか
南紀白浜では、これまた恒例のアドベンチャーワールドへ行ってきました。

ちょうど双子のパンダの赤ちゃんが先月生まれたばかりで
お天気は雨なのに、赤ちゃんをひと目見ようという人たちで結構混んでいました。

で、これまたお約束のイルカショーを見たわけですが、
今回はこの本を読んでいたので、ちょっと興味津々でした。

シャチのシャムー、人づきあいを教える―ポジティブな人間関係の驚くべきパワー



この本によると(この本ではシャチですが、人間を食べてしまう可能性がある以外は基本的にイルカも同じ方法で訓練されていると思います)、

まず、シャチとトレーナーの信頼関係ができるまでは、訓練することすらできない。

よって長い時間をかけて、それこそトレーナーは忍耐力を持って、
彼らがトレーナーを信頼できるやつだと確信してくれるまで、水の中で遊ぶそうです。

そして、実際に信頼関係が構築された後に訓練に入るわけですが、
ここでは

良い面を強調する

という手法が取られています。
と同時に、悪い面は「無視する」又は「方向転換する」のです。

具体的にはこんな感じ。

・水中にロープを張ります。(ロープの上も下もくぐれるような深さでロープを張ります。)
  ↓
・ロープの下をシャチがくぐってもトレーナーは反応しません。無視します。
  ↓
・シャチがロープの上をくぐったときにはシャチに注目し、エサを与えます。
  ↓
・やがて、シャチも「ロープの上をくぐると反応がありご褒美がもらえる」ということを認識し、
ロープの上を頻繁に通るようになります。
  ↓
・トレーナーはロープを徐々に上げていきます。

要は「よくできました!」がシャチの芸を育てるのであって
ロープを超えなかったシャチを「何でそんなことをしたんだ!」なんて怒ったりしないわけですね。

人間関係も同じなわけで。

良くない行いをした時よりも良い行いをした時こそ、親や上司の出番であるということを教えてくれる本です。

スポンサーサイト
美食記録2010(その2)
南紀白浜オーベルジュ・サウステラスでの美食記録、2日目。

アミューズ
5022772960_06fb6ab270_m.jpg
フォアグラとイチジクのテリーヌ。絶品。何とも言えない甘さと口当たりの良さ。

フルーツトマトとルッコラを包んだ塩漬け鮪
5022164087_b97cf298af_m.jpg
マグロとトマトという意外な組み合わせなのに、違和感が全くないのです。
マグロの臭みもまったく感じられず、びっくり。

松茸のスープ
5022165155_a6e1fa8b64_m.jpg
本当はパイ包みの予定だったそうですが、諸事情によりパイ無し。
薫り高い松茸を存分にいただきました。
口の中で噛むと薫りが鼻を抜けるんですよね・・・

蕎麦の実を詰めたスルメ烏賊とサーモンのコロッケ
5022776266_bb8b75df90_m.jpg
中央に蕎麦の実が入った肉(?)だんご状のものがあり、これが美味しかったです。
夫はサーモンのコロッケがいたくお気に召したよう。

鱸のポワレ、フルーツトマトのコンフィ
5022170113_81b3dc6f24_m.jpg
鱸の上に、コリアンダーやクミンなどのハーブがぎっしり乗せられています。
濃厚なトマトのソースとバジルソースでいただきます。

シャーベット
5022781538_7d651ac21c_m.jpg
今日はみかん。

厳選和牛ヘレ肉の赤ワイン煮
5022172549_04dd2a58e2_m.jpg
ワイン煮とありますが、ローストビーフのようなジューシーさでした。
ヒレ肉にまたまた松茸がこれでもか!と挟み込まれており、
周りにモリュウ、舞茸等のキノコとソースがいっぱい。

フロマージュ
昨日と同じように4種類の中から2つをチョイス。
1つは昨日と同じやぎのチーズ。
で、もう一つがこのスモークチーズ。
5022173761_4a795be01b_m.jpg
これがまた運命の出会い!
これまでのスモークチーズの概念がガラガラと音を立てて崩れ落ちていくような・・・(大げさ)
外はスモークがしっかり、中はクリーミー。
「フォレスト」という銘柄だそうです。要チェック。

デザート
5022175055_f63a65bec8_m.jpg
桃のムースと栗のアイスクリーム、フルーツ。
栗のアイスが濃厚で絶妙の甘さでした。

コーヒーと小菓子

最後に、昨日も飲んだ島社長のイタリア土産のリキュールのうち
「メロンチーノ」をいただきました。


ごちそうさまでした!!

美食記録2010(その1)
毎年恒例の南紀白浜オーベルジュ・サウステラスで過ごす休日。
今年は久しぶりに9月に滞在となりました。

以下、1日目の美食記録。

おすすめオードブル(パルマ産生ハム)
5022050889_ac6b606eef_m.jpg
720日熟成のパルマ産生ハム。
いちじくと生ハムの相性はメロン以上!

アミューズ
5022051999_9865a38780_m.jpg
水牛のチーズの上にトマト、その上にトマトのジュースを泡状にしたもの。

ビーフカルパッチョ
5022660152_0a3061a2a0_m.jpg
黒いのはアンチョビ。上にルッコラとパルミジャーノ。

カツヲとポン酢のジュレ
5022661082_1446e0fbd5_m.jpg
ポン酢のジュレが爽やかで口当たりが良い!

野菜のスープ、パリ風
5022054847_fef93dcb39_m.jpg
オニオンスープグラタン風。

鱧と松茸のリゾット
5022662776_acd8b9e3e8_m.jpg
松茸がたくさん入っていました。鱧の上には梅のソース。
何故鱧と言えば梅ソースなんでしょう?

シャーベット
5022056845_a6f534d7d6_m.jpg
今日は梨(豊水)のシャーベット。

熊野牛ロースステーキ、野菜のティアン
5022156511_cd8363a5a6_m.jpg
上に乗っているのは生のタイム。
ティアンはプロバンス地方の食べ物で、トマト、ナス、ズッキーニのグラタン。
このロースは最高でした!美味しくて美味しくて、早く食べてしまうのが惜しくて、
小さく切って、ちまちま食べてしまいました。

フロマージュ
スモークチーズ、白カビ、ブルーチーズ、やぎの4種類から選びます。
この日は、白カビとやぎをチョイス。
5022157555_8494d37771_m.jpg白カビ系のブリー。

5022158627_cb0f48ddc7_m.jpgヤギ系のサントモール。
夫がハチミツをリクエストしてくれて、
それをつけると臭みが消えて本当に味がまろやかになります。
ちょっと通っぽい?!

デザート
5022160563_32c3daebf9_m.jpg
巨峰のムース、リコッタチーズと桃、フルーツ。

コーヒーと小菓子

おしまい!って思ったら、
最後に島社長(島精機製作所。このオーベルジュは島精機製作所の関連会社が運営しています。)のイタリアのお土産の果物のお酒をいただいてしまいました。
アルコール度17度!
メロンとバナナのうち、今日はバナナーヌに挑戦!
5022162033_620a6b5367_m.jpg
輸入したんじゃなくて、本当に手土産だそうです。


<おまけ>
子ども用ディナーの一皿目
5022049791_f110d20575_m.jpg
右から2番目の「海老の生ハム巻き」が絶品だったらしい。


なかじ母のコーチング体験記(3)
「続きが早く読みたいんだけど。」
実家の母から催促が来たイラストレーターのなかじ母さんの連載マンガ
「コーチング体験記」。
いよいよ第3弾です。

まだお読みでない方はこちらから↓
なかじ母のコーチング体験記1
なかじ母のコーチング体験記2

なかじ母のコーチング体験記3
コーチング体験記3(クリックで拡大されます)

・・・マンガっていいですよね。
なかじさんの体験が言葉を超えて伝わりませんか?
いや~ パワフルです!

次回は最終回。どうぞお楽しみに~♪


メモとペンだけで子どもと一緒に待ち時間を楽しむ方法
昨日、「フランクリンプランナーかモレスキンか」という記事を書きましたが、
実は私も以前からメモとペンは常に携帯しています。

これらが意外と大活躍するのが、病院やレストラン等の待ち時間。
親子で楽しく時間つぶしができるのです。

何をするかというと

お絵かきしりとり

ただ口頭でしりとりをするだけではなく、
その絵を描いて次の人に回すのです。

上手く描く必要はありません。

うちだってこんな感じ。
5010177618_0b19b3fa19.jpg 私の絵の能力をさらしてしまいますが・・・

自分で描いて、「ぎゃ、こんなになっちゃった(笑)」と笑い
相手がそれを見て、また笑う。
ただのしりとりなのに、ものすごく楽しいです。

ぜひお試し下さい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。