プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆかちゃんと共にいる~「生活目線でがんを語る会」
「癌サバイバー」
癌と診断された後、現在も癌と闘っている方のことをそう呼ぶんだそうです。
Twitterで知り合った、あまのゆかちゃん(@flyingLarus)を通じて知りました。

昨日は六本木のミッドタウン21Fシスコシステムズ会議室で行われた
生活目線でがんを語る会」に参加してきました。
ゆかちゃんがこの登壇のために、わざわざ大阪から東京に出てくるからです。

ゆかちゃんは乳癌サバイバーです。
その肉体的、精神的闘いはご自身のブログに切々と綴られています。

で、昨日の語る会でのゆかちゃんの登壇。
印象的なものをメモしてきました。

---
突然癌になったけど、結局は自分次第だなと思った。
どういう人生にしたいのか、
どんな闘病生活をしたいのか。

私は闘病を楽しみたいと思った。
辛い感情も噛み締めたい。

---

癌サバイバーは3つの不安を抱えている。
癌が再発して死ぬかもしれないという個人の不安。
この治療方法でいいのかなど、医療の不安。
そして、仕事に戻れるのだろうかという社会復帰の不安。

---

癌と診断されてからの死亡者数のデータ。
1年後の死亡者には私は入りたくない。
でも5年後には入っているかもしれない。
10年後は入っているかもしれない。
・・・
でも、それまでずっと勉強会等で癌との闘いのことを伝えて行きたい。

---

ゆかちゃんがまっすぐ見ているのは、
まさしく「生きること」です。
死を身近に感じているからこそ
心底自分の人生を生きたいと渇望しているのが伝わってくるんです。

私は、ゆかちゃんの「自分の人生を生きることへのコミットメント」にひかれて
この春からプロボノでコーチングを担当させていただいています。
(抗がん剤にしても放射線治療にしても、延々と続く治療費は高く
保険のきかないものもあるそうで、癌の治療はとにかくお金がかかるそうです。
なので、ゆかちゃんに限り、プロボノ=完全に無料でコーチングをしています。)

実はコーチングの申し出をするまでに
自分の中にものすごい葛藤がありました。

ゆかちゃんは「生と死」と真剣に向き合っている。
そこに自分はコーチとして共にいることをコミットできるのか。
もちろん他のクライアントのコーチングを生半可な気持ちで行っているということではありませんが
こと、ゆかちゃんに対しては、相当な覚悟が私の中にもありました。

でも、今こうして、ゆかちゃんの人生に共にいられることを
私はとても嬉しく思います。

ゆかちゃん、
こうして私にコーチとして、人間として、
大きく成長するチャンスを与えてくれてありがとう。
これからも応援しています。
共に生きていることを味わっていこうね!

(以上、クライアントであるゆかちゃんから許可をいただいて掲載しています。)

  語る会の模様はUstでも流されました。
最新鋭のビデオカメラ、ノートパソコンがずらり。
下記URLでustの録画が見られます。
http://www.ustream.tv/recorded/8455094

スポンサーサイト
~新しい物語を紡ぐ~最終日
CTIジャパン10周年イベント~新しい物語を紡ぐ~。

最終日は「これからの物語/使命に目覚める」

「自分が何に呼ばれているのか」

私は、何か自分の資質や役割を完全燃焼して生を全うせよと言われているような気がします。
出し惜しみしない。
最後まできれいに灰になる感じ。

午後はそれぞれのテーマについて、これからの物語を紡ぎたいという者同士が集まり
熱く語り合いました。
これから新しくチャレンジしたい分野について、頼もしい仲間が見つかった感じです。

最後は、自分のこれからへの誓いを短冊に書いたのですが
私は
「いつでも、どこでも、誰とでも
コーアクティブな関わり、今の5倍増し!」
と誓いました。

シェアした方に「これって無意識でってこと?」と聞かれ
コーアクティブな関わりを意識して5倍増しもいいけれど、無意識だったらもっとすごいなあ・・・という
気づきもあり。



この誓いの影響もあってか、ずっとエネルギーが高止まりしたままの1週間でした。

スタッフの皆さん、参加者の皆さん、
本当にお疲れさまでした!

50周年のレジェンドを目指すぞ!!

~新しい物語を紡ぐ~2日目
CTIジャパン10周年イベント~新しい物語を紡ぐ~参加レポートの続きです。

2日目は「今の物語/世界に目覚める」

今、世界で起きていること―環境問題、絶滅危惧種、精神的に起きている問題等―
を知った後、
ここから何をどこに向けて始めるのか、
仲間と対話しました。

なんと総勢180人でのワールドカフェ!

環境問題と言うと、何かエコバックやリサイクルなどに行動の視点が行きがちですが、
自分がやっているコーチングが、実は周りまわって地球のためにもなるんだという
新しい気づきが得られました。

これはものすごい発見でしたし、自分のプロ意識にも何か影響を与えたと思います。


夜は懇親会。
懐かしい顔ぶれと再開したり、
mixiやメーリングリストに登場している方と実際にお目にかかったり
楽しい時間でした。

また、システムコーチングについて
先輩やリーダーをつかまえて質問したら、
とたんに輪が広がり勉強タイムになっちゃったり・・・。

みんな、学ぶことに本当に貪欲です。(もちろんいい意味で)
だからこそ、すごーく質問しやすかったり、
学びのお誘いをしやすかったりするんですよね。



~新しい物語を紡ぐ~1日目
先週の3連休、CTIジャパン10周年イベント~新しい物語を紡ぐ~に参加してきました。

直後に身内に不幸があったりで下書きのまま放置してありましたが
ちょっとずつ思い出しながら整理したいと思います。

---

初日「これまでの物語/原点に目覚める」。

「原点」や「原動力」等について思い出し、深めるワークを行いました。

自分がコーチングをやって行こうと思った原点。

サラリーマンから代表取締役になって、でもそこに留まる時期は過ぎたと感じた時、
自分のやりたいことは何かと考えた際、「人を支援したい」という想いがありました。
でも、自分自身に対して自信がなく、別の道を選択しました。

でもその寄り道の最中に「やっぱりここじゃない、あっちだ!」と確信があって。
「もうここ(人を支援する側)から立ち去れない」
そう思ったのが私の原点です。

そして、私の原動力。

コーチングを知ってから、何か外から原動力となる力が得られたというよりは
障害物がなくなった感覚です。

もともと子どもの頃から「前に進みたがり屋」でした。
それが、あれやこれや、前に進むのを阻止するものがたくさんあって
軋轢やら痛みやらを感じていたのが
コーチングと出会ってからは、それら障害物がなくなった感じ。
強いて言えば「好きなところに行っていいよ」と許可が出た感じです。

そんな、それぞれの「原点」と「原動力」を確認しながら
最後に、コーチングを通じて仲間が世の中に産み落とした「果実」を
仲間と共にシェアしあいました。

私は「女性」の分科会でストーリーテラーを担当し、
Woman's Visionのお話をさせていただきました。

分科会には、男性も参加してくださり、
広い視点での対話ができました。

私も、その他参加者の皆さんも、
女性の生き方について語っているつもりが、男性の生き方もすごく考えていたんですね。
コーチ仲間が、この分科会中にずっと夫さんのことを考えられていて、
涙を流していたのがとても印象に残っています。

参加してくださった皆さん、リードしてくださったファカルティのお二人、
ボランティアスタッフのお二人、
ありがとうございました。
みんなの願いがいっぱい詰まった時間でした。

燃え上がりが予想されます
17日のCTIジャパン10周年イベントに向けて
「女性」の部屋を担当してくださるお2人と共に打ち合わせをSkypeで行いました。

実はお2人とは面識がなく、
(お1人は、トレーニング中にスーパーバイザーを担当していただいたので
電話で話したことは有り)
あらためて「どうして『女性』の部屋担当になられたんですか?」なんて会話から始まりました。

それぞれのバックボーンが明らかになるにつれて
むくむくと自分のエネルギーが湧き出し、
「女性って『生』に直結していますからね。強いですよ!」みたいに盛り上がり・・・

正直、この部屋はエネルギーに点火したら大変な燃え上がりが予想されます(笑)
3人でめちゃくちゃ楽しみになりました。

熱く「女性」とコーチングを語りませんか?

17日午後、お待ちしています♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。