プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘が風呂掃除を選ぶたった1つの理由
先週からsanisaがお風呂掃除をやってくれています。
しかも、お願いしたわけではなく自主的に。

この話をすると「何がきっかけだったんですか?」
とよく聞かれるのですが、
きっかけはお風呂掃除のスポンジを新調したこと。
よくあるこれです↓



スーパーに一緒に買いに行ったら
「今日からsanisaちゃんがこれで掃除する。ね、いいでしょ?」
いいでしょ?って、ダメって言うはずないじゃないですか。
もう大喜びしてお願いしましたよ。

お風呂掃除では服がぬれちゃうからと、すっぽんぽんになり、
掃除のついでに身体も洗い、お湯を張る途中の浴槽に浸かって出てきます。
お風呂に入るのを嫌がっていたこともダブルで解消です!

夕飯前にお風呂を済ませると、後が本当に楽ですね。
早く早くとせかすことも少なくなりました。

スポンサーサイト
宇宙服を着たよ
4650318932_d12f092ac7_m.jpg


道楽と揶揄されようとも
27日はWoman's Visionの「育休ママのためのワークショップ」でした。

レポートは近日中にみくさんがWoman's Vision公式ブログにアップしてくれる予定なので
一言だけ。

道楽と揶揄されようとも、
ニーズがある限りはこの活動を続けていきたいと思ったし
続けなくちゃいけないと思った。

苺ジャム効果
自家製苺ジャムを作ったら、娘がガツガツ食パンを食べるようになって
あっという間に食事が終わるようになりました。

いつも「歯磨きしないと遅くなっちゃうよ~」とか言っていたのに
今では歯磨きもさっさと終え、余裕を持ちながら着替えをしています。

さて、この自家製苺ジャム様様、予測では明後日には完食の見込み。
この素晴らしい朝食スピードを落とさないためには、
何をしたらいいんでしょう?

・・・チェリージャム、作る???

苺ジャムを作ったよ
先日、友人宅を訪れた際にお土産に手作りの苺ジャムをいただきました。
これが美味しいのなんのって!
食パンにつけて食べた娘が「もう1枚食べたい」と言ってのけたくらい
パンが進む旨さです。

ガツガツ食べていたのでいただいた分はあっという間に無くなり・・・。
空になったビンを眺めながら
「無くなっちゃって淋しいね・・・」なんてつぶやいていたのですが
だったらうちでも作ってみようよ、ということで
娘と苺ジャム作りに挑戦。

レシピは大概の料理本に載っていますよね。
苺を洗って、へたを取って、水気を拭いて、
分量のお砂糖とレモン汁を混ぜて、放置して、火にかける。
以上。
で、できました。

初回の学びは「ジャムは冷めたら固くなる」。
もっと早い段階で火を止めてよかったみたい。
冷ましたらカラメルみたいな固さになっちゃった。

塗りにくいけど、味は問題なし。
なんでしょうね、この手作りの苺ジャムの美味しさは。
何が違うんだろう?

今回の分も数日のうちに食べつくしちゃいそうで
苺が出回っているうちにもう一度作ろうね!という話になりました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。