プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験コーチング祭り 開催!
最近、集中してあることをやることを「○○祭り」と言うのですね。
うちの子に「今日、学校で何の授業があったの?」と質問すると
「1時間目が国語でしょ、2時間目も国語でしょ、3時間目が体育で、4時間目が国語。」
「・・・って国語ばっかじゃん!」
「だって、先生が『国語祭りだよ~』って言うんだもん。」
こんな感じ。

・・・ということで、突然ですが
体験コーチング祭り、開催します!

できるだけいろいろなタイプの方々とお話しする機会を得たいと思い、
年内に8名の方との体験セッション(無料)を実施したいと思っています。
(コーチング料金は無料。電話又はSkypeで通話。電話は通話料をご負担いただきます)

コーチングって本では見るけど体験したことがない、
継続してコーチングを受けることはできないけど1回だけ受けてみたい、
Karikaのコーチングに興味がある・・・という方、
ぜひこの機会に体験してみて下さい!

<体験コーチング申込要領>
以下の条件のいずれにも当てはまる方
・Karikaのコーチングを受けたことがない方
 (ワークショップや研修、講習でのKarikaとのミニコーチングは
 上記項目に該当したとは見なしません。)
・冷やかしではなく、体験コーチングの30分間、本気でセッションに臨める方

ご希望の方はこちらのフォームよりお申し込み下さい。
mixi経由の方は、メッセージでも結構です♪

なお、現在、平日夜&土曜日クライアント枠が満席のため、
新たにコーチング契約をご希望の場合、開始時期は来年1月になる予定です。
予めご了承下さい。
(平日昼間枠につきましては、若干空きがあります。)

ご不明な点がありましたら、フォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

スポンサーサイト
学童閉鎖&学年閉鎖
とうとう足元まで来ました新型インフルエンザ。

昨日、学童保育から「明日から金曜まで閉鎖となりました」と連絡が来て、
急遽実家の両親に午後だけ来てもらう手はずを整えたと思ったら
今日昼過ぎ「1年生、学年閉鎖です」とメールが・・・。

さすがに朝早くから親を呼びつけるわけにも行かず、
今晩から娘は実家でお泊りとなりました。

いつもと勝手が違い、急遽お泊りが決まったので
当の本人は嬉しそうですが、私はなんだか心の準備ができておらず
ちょっと淋しいぞ・・・

出身地で研修
昨日は実家近くで研修でした。

終了後、このままバスに乗って遊びに行きたい衝動を抑えつつ
自宅へとんぼ返りしました。

最近、市役所のクライアントさんが多いのですが
TMO(タウン・マネジメント・オフィサー)ネタはものすごく反応してくださいます。

こっちの活動も進めないと。

おかあさんにおこられちゃったきみへ
先週の金曜日の夕方、電車の中である親子と乗り合わせ
そこで男の子がものすごい怒られ方をしている場面に遭遇してしまいました。

私はとてもいたたまれなかったのだけれど
どうすることもできずにその場をやりすごしました。

だけど、その出来事はずっと心に引っかかっていて、
その後のコーチングでテーマに出してみました。

「本当は、母親の言葉の暴力に無防備にさらされているその子を抱きかかえて
となりの車両に隔離したかった」
そんな私がいました。

そして、今、その子に何て言葉をかけてあげたいか、
考え出したら言葉が止まらなくなって、あっという間にちょっとした絵本風になりました。
(絵はまだ無いですが。)

お読みいただけたら嬉しいです。

「おかあさんにおこられちゃったきみへ」(PDFファイル)

(PDF閲覧ファイルがインストールされていないパソコンの方は
こちらから無料でダウンロードできます。)


いい加減 断ち切りたい
家庭と仕事の両立なるか…増える「産休切り」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091013-00000582-san-bus_all

いつまでたっても、この手の問題が消えない。
ワーキングマザーの掲示板でも幾度となくスレッドが上がっている。

経営者はもとより、
みんなが「社会全体で子どもを育てていく」という視点に立てるのはいつの日か。

そのために何ができるのか、考えよう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。