プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝間さんのセミナーに行ってきた 「理論から実践へ~人生戦略策定セミナー~」
経済評論家・公認会計士の勝間和代さんのセミナー
「理論から実践へ~人生戦略策定セミナー~」
に行ってきました。

セミナーの内容を一言で表現すると、
「人生の目標を実現するための仕組み化を勝間さんの経験やビジネス戦略手法を交えてレクチャー」という感じです。
とにかく、このセミナーは「ミッションを分割して分割して最終的に行動に落とし込む」ことが目的ですから、とにかく実践!。今日は「ミッションステートメントを書く」と実行したいと思います。

ミッションステートメント自体はフランクリン・プランナーを使うようになってから何回か書いていますが、このセミナーを受講したことを機に、書き直しをし、セミナーの手法に沿って実現したいことを3つに絞ってみました。
(やる気満々で帰宅の途につきましたので、帰りの電車の中でミッションステートメントを見直し、自分宛にメールを送ってしまいました。)

(1)人とのコミュニケーションを通じ、みんなの心のバケツに水を注ぐ(→バケツとひしゃくの理論)。
(2)sanisaの健やかな成長をサポートする。家族の生活の基盤として、温かくリラックスできる家庭を維持する。
(3)自分の持てる資質・能力を最大限発揮し、常に成長する。

これらをこれから戦略化するわけですね。
プロセスを詳しく書くと著作権に触れてしまいそうなので、
差し支えない範囲で進捗をブログで公開していく予定です。

さて、これとは別に今からgiveの5乗(情報をgive&takeするのではなく、give&give&give&give&giveする)を実践すべく、3人にメールを出したいと思います。


スポンサーサイト
モーレア島に行ってきた(2)
モーレア島旅行記の続きです。

我々夫婦は共にペーパードライバーなので「レンタカーで観光」ができません。
よって島内観光は現地にお住まいのヒコさんにお願いしました。

モーレア島はメイン道路が1本、ぐるっと島の海沿いを1周しているだけなんだそうです。
しかし、その道路に垂直に曲がり小道を入っていくとすぐに山間部。
心地よい森林浴が楽しめます。

moorea9ベルベデール(展望台)からロツイ山とオプノフ湾を臨む

展望台から山と海のコントラストを堪能した後、マラエ(遺跡:昔は現地の男性を生贄として捧げていたらしい)、パイナップル畑(モーレア島のパイナップルは美味しい~♪芯まで食べられる!)などを見学。海だけじゃないモーレア島の魅力を楽しみました。
moorea2ガイドブックによく出てくるトアテアの展望台からの眺め

結局、ホテルから外に出たのはこの日と1回の夕食だけ。
その他はただただの~んびりと過ごしました。

お祝いしてもらいました
カード
朝一番に、娘がはりきって数週間前から制作・完成・隠していたバースデイカードをプレゼントしてくれました。
厚紙に青の折紙を貼りつけ、その上にカラフルなシールをいくつも貼ってありました。
お世辞ではなく、これまでいただいたどのバースディカードよりも、とてもきれいだと思いました。

20080727113319.jpg
ケーキと花束もいただきました。
ローソクの本数は意味ありません(^_^;)

モーレア島に行ってきた(1)
遅くなりましたが、旅行の報告です。

今回はフレンチポリネシアのモーレア島に行ってきました。
モーレア島はタヒチ島からセスナで約10分。高速艇でも約30分の位置にある島です。
moorea5このセスナでモーレア島へ移動。18人乗り。
操縦席と乗客席のドアは開いているので操縦の様子がよくわかって面白かった。


moorea1モーレア島からタヒチ島を望む

タヒチといえばボラボラ島が有名ですが、
モーレア島はボラボラ島に比べ家族旅行が目立ちました。
いろいろな国の家族の様子を眺めているだけで結構楽しかったです。

宿泊したのはシェラトンモーレアラグーンリゾート&スパ。
「モーレア島で水上コテージから魚にパンをやりたい」と旅行代理店に相談したら
このホテルを薦めてくれました。
水上コテージの位置もリクエスト通り。
何よりも水の透明度の高いこと!
魚の数の多いこと!その種類の多いこと!
moorea6魚にパンをあげている父子

海の色という点ではボラボラ島に劣るかもしれませんが
ホテルエリア内のサンゴの生育状態、魚の数、種類では
過去2回のボラボラ島滞在より明らかに勝っていました。

また、ボラボラ島はラグーン内を大小さまざまな船が頻繁に行き来するため、
水上コテージ付近でシュノーケリングしているとその余波を受けたりするのですが、
モーレア島は環礁ではないためラグーンに入ってくる船は少なく、波が穏やかなことが多いです。
娘もいきなり大波が来て顔に水がかかる心配もなく、ぷかぷか浮き輪で漂っていました。
また、波が穏やかな時は桟橋から海の中の魚達の様子が手に取るようにわかりました。
まるで天然の水族館みたい。
わざわざ海に入らなくてもよく見えるので、メインエリアへの往来の途中によく座り込んで海を見ていました。(焼けるけど)

長くなりそうなので、第1弾はこの辺で。

<おまけ>
今回お世話になった旅行代理店は「まんぼー」さん。
大阪の代理店さんで、webでしか拝見したことがなかったため
夫なんか「大丈夫か?」なんて失礼なことを言っていましたが、
とっても満足でしたのでおススメしておきます。
正式名称は(株)近藤トラベルサービスさんなんですね。
でもいつも「まんぼー」と呼んでいました。
タヒチ、フィジーに特化しているのかな?
そちら方面への旅行をご計画中の方がいらしたら、ぜひどうぞ!

一瞬で自分を変える法
一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える
(2006/11)
アンソニー ロビンズ

商品詳細を見る


タイトルがうさんくさいなあと思いながらも、NLPの本であること、
「世界No.1カリスマコーチが教える」というサブタイトルに興味を持ったため読了。

NLPの基本が頭に入っているので、「ああ、あの話ね・・・」と思いながら読んだが
いきなりこの本から入ったら、うさんくささプンプンではないだろうか。
なんだか「魔法の方法だよ」みたいに語られているのがかえってもったいなく感じた。
アメリカでは著者は有名人だろうから、それだけで十分説得力があるのかもしれないけれど。

「モデリング」「ペーシング」「リーディング」「アンカリング」などのNLPのスキルについては、事例が記述されているものの今ひとつ自分のスキルとして落とし込めない部分もある。
そういう意味では、これもあくまでも導入編だったのかもしれない。
次の1冊を探そう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。