プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
(2007/12/07)
細谷 功

商品詳細を見る


ちょっと前からよく見かける「地頭力」という言葉。
これってなあに。
ふむふむ、論理的思考の本らしい・・・ということで読んでみました。

著者は、まず「頭がいい人」を
1.知識、記憶力のある人
2.対人感性力のある人
3.考える力=地頭力のある人
の3つの種類で定義しています。
その上で、ネットで情報が誰にでも簡単に入手できる今、1の能力はすでに時代遅れで
これからは2&3を有する人がこれらの能力を触媒として新しい知識を増幅していく、と述べています。
同時に、2&3の人は「適応力があって、どんな分野にも強い人=地頭型多能人」として、これからの時代に求められる人物であると述べています。

次に「Q.日本には電信柱が何本あるかを、何も見ないで3分で答えよ」
という例題を基にフェルミ推定と呼ばれる概数推定の方法をまず解説してくれます。
そして、タイトルにもなっている「地頭力」をつけるために有効な3つの思考力
・仮説思考力・・・結論(仮説)から考える力
・フレームワーク思考力(全体から考える)
・抽象化思考力(枝葉を落とし単純に考える)
について解説してくれます。

さて、フェルミ推定を実際のビジネスにどう応用するかですが、
この本を読んだだけではいまひとつ思い浮かびません。
(コンサルティング案件をもっていればすぐに応用できそうですが。)
ケーススタディの「積上君と地頭課長」の会話を読む限りは、
私も全く地頭センスがないわけでもなさそうな(電柱の例題でも結構いい線
いっていましたし)気もしますが、フェルミ推定も3つの思考力も、
プロセスを読んだだけではすぐ応用できません。
巻末にちょっとした問題集がありますので、まじめに練習しようかしら。

スポンサーサイト
引き寄せの法則  エイブラハムとの対話
引き寄せの法則 エイブラハムとの対話引き寄せの法則 エイブラハムとの対話
(2007/10/30)
ジェリー・ヒックスエスター・ヒックス

商品詳細を見る


自己実現の本だろうと思い手に取りましたが、結構スピリチュアルな内容で、正直始めは戸惑いました。あまりその手のテレビ番組も書籍も興味がないもので・・・。
そんなこともあってか、読むスピードが遅くなかなか読み進まないものの、
何故か内容が気になって、のろのろながらも最後まで読了しました。

エッセンスとしては、
 ・自分の経験は、望むと望まざるとにかかわらず、自分が思考し引き寄せたものである
 ・思考に焦点を定めたものが引き寄せられるので、自分が望まないものには焦点を定めないこと
 ・何が望ましく、何が望ましくないかは「感情」に注意を払うことで判断できる
  ポジティブな感情であれば自分自身が望んでいるもの
  ネガティブな感情であれば自分自身が求めている状況と異なるものである
 ・よって、常に前向きの感情を抱くように習慣付ければ望むものが引き寄せられてくる
というもの。
自分自身が望んでいることを強く思うことは簡単だが、「それが実現するはずがない。だって○○だから・・・」なんて思っていると、この「欠落の状態や理由」に焦点が当てられてしまい、創造が実現しないそうです。つまり潜在意識が「実現できる!」と思っていなければいけないんですね。(「逆境を生き抜く「打たれ強さ」の秘密」にも似たようなことが書いてあったような・・・)

話がすべてチャネリングによって書き起こされており、私自身あんまりスピリチュアルなものは信用しない性質なんですが、今回ばかりは毎日「引き寄せろ~引き寄せろ~」って強く思っています。
ネガティブな感情に気づくと頭の中を他の話題に変えるようにもしています。

そのせいなのか、早速、道を歩いていても嬉しくてニヤケちゃうようなことが起こりました。
もしかして引き寄せてる!?

ガネーシャの課題(身近にいる一番大事な人を喜ばせる)
ガネーシャの課題、18日目。「身近にいる一番大事な人を喜ばせる」

23日は娘の誕生日でした。
この期間、保育園の「保育参加」(親が保育に参加し、いっしょに過ごす)にあたっていましたので、誕生日当日であるこの日に保育参加をしてきました。
クラスメートや先生にお祝いしてもらう娘の姿を初めて見ることができました。
その後、園庭で砂遊びや鬼ごっこをして遊びました。

午後は、お約束のTDLへ。
娘はお気に入りのプリンセスのドレスを着て、胸にバースディシールを貼り
たくさんの方から「おめでとう」を言われておりました。
(アリスのティーパーティーではマイクでお誕生日おめでとうコールをしているのですね。
今回初めて知りました。)
ジュビレーションでは、ダンス教室の先生のダンスを堪能し(先生、本当にキレイ♪)
夜遅くまでいっぱい遊んできました。

とっても盛りだくさんのお誕生日。
「とっても楽しかった」そうです。

さにさちゃん、6歳のお誕生日、おめでとう。

ガネーシャの課題の元ネタ「夢をかなえるゾウ」の読書記録はこちら

初TOEIC
TOEIC受けてきました。
初めてです。

別に仕事上必要とか、そういう理由は全く無くて
単に今の自分の英語のレベルを知りたいという理由で受験しました。
なんせ大学の教養課程以来、英語には触れていませんでしたから。

初めて受けた感想は、
英語の能力はもちろんですが、
集中力も相当必要ですね。
途中から集中力が落ち、最後の方では答えがわかってからマークするまでに
時間がかかるかかる・・・
なんかぼーっとして鉛筆が止まっちゃいました(笑)

さあて、今回はベンチマークだから
次回からが腕の見せ所なんだなー。
勉強しよ。

コーチ、始めます!
昨日は、プライベートでお願いしているコーチングのセッションの日でした。

以前から、「クライアント」の立場だけでなく「コーチ」になりたい、という思いがありましたが、コーチング講座を終え、自分の価値観と「コーチになる」こととが完全に一致することを実感し、ますますそちらの方向に進みたくなりました。
ですので、昨日のセッションでもこのテーマでお話しました。

で。
私、「コーチ」、始めます。
とにかく、まずはセッションをどんどんこなすことが大切だと思いますので、
周囲にどんどん声かけしてみようと思っています。
いつか(近い将来を目指していますが)正式に看板を上げることになりましたら、
またこのブログでも大々的に宣伝したいと思っています。
まずは「小さな一歩」から・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。