プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗いニュースばかりなので明るい話題でも【パンダの赤ちゃん】
DSC03611_2.jpg

上野のパンダではありません。和歌山県白浜のパンダファミリーです。

昨年生まれた双子のパンダがもうこんなに大きくなって
庭で遊んでいました。
(もうすぐ8ヶ月。)

オスが海浜、メスが陽浜です。
(ちなみに私はたくさんいる陽浜の名付け親の1人です。)
後ろ足のかかとに毛がたくさん生えているのが陽浜って説明に書いてありましたが
どっちがどっちかわかりません。


こちらは動画。
本当によく動き回ります。
じっとしていられないらしい(笑)


スポンサーサイト
美食記録2010(その2)
南紀白浜オーベルジュ・サウステラスでの美食記録、2日目。

アミューズ
5022772960_06fb6ab270_m.jpg
フォアグラとイチジクのテリーヌ。絶品。何とも言えない甘さと口当たりの良さ。

フルーツトマトとルッコラを包んだ塩漬け鮪
5022164087_b97cf298af_m.jpg
マグロとトマトという意外な組み合わせなのに、違和感が全くないのです。
マグロの臭みもまったく感じられず、びっくり。

松茸のスープ
5022165155_a6e1fa8b64_m.jpg
本当はパイ包みの予定だったそうですが、諸事情によりパイ無し。
薫り高い松茸を存分にいただきました。
口の中で噛むと薫りが鼻を抜けるんですよね・・・

蕎麦の実を詰めたスルメ烏賊とサーモンのコロッケ
5022776266_bb8b75df90_m.jpg
中央に蕎麦の実が入った肉(?)だんご状のものがあり、これが美味しかったです。
夫はサーモンのコロッケがいたくお気に召したよう。

鱸のポワレ、フルーツトマトのコンフィ
5022170113_81b3dc6f24_m.jpg
鱸の上に、コリアンダーやクミンなどのハーブがぎっしり乗せられています。
濃厚なトマトのソースとバジルソースでいただきます。

シャーベット
5022781538_7d651ac21c_m.jpg
今日はみかん。

厳選和牛ヘレ肉の赤ワイン煮
5022172549_04dd2a58e2_m.jpg
ワイン煮とありますが、ローストビーフのようなジューシーさでした。
ヒレ肉にまたまた松茸がこれでもか!と挟み込まれており、
周りにモリュウ、舞茸等のキノコとソースがいっぱい。

フロマージュ
昨日と同じように4種類の中から2つをチョイス。
1つは昨日と同じやぎのチーズ。
で、もう一つがこのスモークチーズ。
5022173761_4a795be01b_m.jpg
これがまた運命の出会い!
これまでのスモークチーズの概念がガラガラと音を立てて崩れ落ちていくような・・・(大げさ)
外はスモークがしっかり、中はクリーミー。
「フォレスト」という銘柄だそうです。要チェック。

デザート
5022175055_f63a65bec8_m.jpg
桃のムースと栗のアイスクリーム、フルーツ。
栗のアイスが濃厚で絶妙の甘さでした。

コーヒーと小菓子

最後に、昨日も飲んだ島社長のイタリア土産のリキュールのうち
「メロンチーノ」をいただきました。


ごちそうさまでした!!

美食記録2010(その1)
毎年恒例の南紀白浜オーベルジュ・サウステラスで過ごす休日。
今年は久しぶりに9月に滞在となりました。

以下、1日目の美食記録。

おすすめオードブル(パルマ産生ハム)
5022050889_ac6b606eef_m.jpg
720日熟成のパルマ産生ハム。
いちじくと生ハムの相性はメロン以上!

アミューズ
5022051999_9865a38780_m.jpg
水牛のチーズの上にトマト、その上にトマトのジュースを泡状にしたもの。

ビーフカルパッチョ
5022660152_0a3061a2a0_m.jpg
黒いのはアンチョビ。上にルッコラとパルミジャーノ。

カツヲとポン酢のジュレ
5022661082_1446e0fbd5_m.jpg
ポン酢のジュレが爽やかで口当たりが良い!

野菜のスープ、パリ風
5022054847_fef93dcb39_m.jpg
オニオンスープグラタン風。

鱧と松茸のリゾット
5022662776_acd8b9e3e8_m.jpg
松茸がたくさん入っていました。鱧の上には梅のソース。
何故鱧と言えば梅ソースなんでしょう?

シャーベット
5022056845_a6f534d7d6_m.jpg
今日は梨(豊水)のシャーベット。

熊野牛ロースステーキ、野菜のティアン
5022156511_cd8363a5a6_m.jpg
上に乗っているのは生のタイム。
ティアンはプロバンス地方の食べ物で、トマト、ナス、ズッキーニのグラタン。
このロースは最高でした!美味しくて美味しくて、早く食べてしまうのが惜しくて、
小さく切って、ちまちま食べてしまいました。

フロマージュ
スモークチーズ、白カビ、ブルーチーズ、やぎの4種類から選びます。
この日は、白カビとやぎをチョイス。
5022157555_8494d37771_m.jpg白カビ系のブリー。

5022158627_cb0f48ddc7_m.jpgヤギ系のサントモール。
夫がハチミツをリクエストしてくれて、
それをつけると臭みが消えて本当に味がまろやかになります。
ちょっと通っぽい?!

デザート
5022160563_32c3daebf9_m.jpg
巨峰のムース、リコッタチーズと桃、フルーツ。

コーヒーと小菓子

おしまい!って思ったら、
最後に島社長(島精機製作所。このオーベルジュは島精機製作所の関連会社が運営しています。)のイタリアのお土産の果物のお酒をいただいてしまいました。
アルコール度17度!
メロンとバナナのうち、今日はバナナーヌに挑戦!
5022162033_620a6b5367_m.jpg
輸入したんじゃなくて、本当に手土産だそうです。


<おまけ>
子ども用ディナーの一皿目
5022049791_f110d20575_m.jpg
右から2番目の「海老の生ハム巻き」が絶品だったらしい。


パラオで知った夫の一面
6日間の旅行中、唯一、ホテルの外で夕食をとった時のこと。

場所は「エリライ」という
ちょっとアジア風の内装のおしゃれなレストラン。
スタッフの女性もパレオ風の素敵な格好をしています。

食事は、
・・・一番美味しかったのは前菜だったという、
ちょっとがっかりな内容でしたが
夫が記入した食後のアンケートに目が点になりました。

---

「Q.スタッフの対応はいかがでしたか?」
→ ○大変よかった
  備考欄( すごくかわいい )

---

へ?
???
なにー!!!

いきなりエロ親父炸裂です!
いつもサービス精神倹約家のまーちゃんが、一体どうしたことでしょう?

「なんで?・・・なんでなんで?」
と聞く私達に
「だって、喜んでもらった方がいいじゃん」
と嬉しそうに笑う。

別に喜んでもらうのは旅先のレストランの人だけじゃなくてもいいんだよ!
いつもそう言ってくれたら私たちも喜ぶよ!
家庭や職場でのそういうサービス精神って関係性を構築する上で大切よ!

と、ワシントン州立大学のジョン・ゴッドマン博士の研究結果を引き合いに
ポジティブな認知の大切さについて話す私に向かってまーちゃんは一言。

「一期一会」

・・・ケチ。

パラオ5日目(2010/8/1)
実質の最終日。

一日フルのツアーは疲れそうなので、半日ツアーの中からジャングルリバークルーズを選択。
ディズニーランドのジャングルクルーズの本物版です。

クルーズするのは「清水リバー」。
昔このあたりに清水村という村があり、
日本人がタロイモ畑やパイナップル工場を営んでいたことからその名がついたそうです。

川沿いの所々に民家があり、
子どもが川に飛び込んで遊んでいたり(ワニがいるのに!)、
おじさん達がくつろいでいたりして、
「ディズニーランドは人形なのにねえ、本物だねえ」
なんて言いながらボートは進んで行きました。

がしかし。
直後から激しいスコールに見舞われ、屋根がついているものの、傘をさす始末。
とても川の中のワニを探すどころではなくなってしまいました。

雨は止まないまま、海へ出てUターン。

Uターン後の帰り道。
「いました!」というガイドの石川さんの声にカメラを持って席を移動すると
いました!ワニです。体長2mほど。

DSC03527_2.jpg DSC03528_2.jpg DSC03529_2.jpg

石川さんの用意した鶏肉をパクリ。
うわ~ やっぱり怖い。
・・・っていうか、なぜこの川で地元の子は遊んでいるんだ~~

ワニも印象的でしたが、もっと印象的だったのは
ガイドの石川さんが、別にパラオが好きだからとか、ダイビングが好きだとかいう理由で
この仕事をしているのではなく、
単なる「転勤」だったということ。
大阪の旅行会社にお勤めで、異動でパラオにきちゃったそうです。
そんなこともあるんですね。

フレ~フレ~石川さん!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。