fc2ブログ
プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
自分探しが止まらない
昨日の午後から夜にかけて、
何を思ったか書籍3冊読み倒し。

さすがに、読破後は頭が飽和状態で
エネルギーもなかなか下がらず、ぼーっとしたまま。
ま、無意識層がこつこつと消化してくれるでしょう。

読んだうちの1冊はこれ↓。
後の2冊は内緒。

自分探しが止まらない (ソフトバンク新書)自分探しが止まらない (ソフトバンク新書)
(2008/02/16)
速水 健朗

商品詳細を見る


自己啓発セミナーの存在って、なんとなくは知っていたけれど
そんな時代があったんだ~ってちょっと驚いた。
まだまだ世間知らずだな。

コーチングも「答は自分の中にある」という考え方が前提だけど、
やはり自分なりの価値観が出来上がっているからこそ、
自分の中に答を見つけることができるんであって
価値観や経験を形成する段階って重要なんだと思った。

自分自身、「何がやりたいか」が見えてきたのは
社会に出て様々な状況に身をおきつづけて、出てきた「違和感」を問い続けてきた結果だし、
本当に確信がつかめずに回り道もしたし。

学生さんに言いたいのは、
いっぱいアルバイトやボランティア活動をしておいたほうがいいよ、ってことかな。
家の中に閉じこもっていたら自分が何をやりたいかなんてわからない。
でも、だからってインドなんかにバックパッカーで旅する必要もない。
目の前にある環境で、まずは、がむしゃらにやってみることかな。

信念をつらぬく
信念をつらぬく 新装版信念をつらぬく 新装版
(2001/07)
B. スイートランドBen Sweetland

商品詳細を見る


「自分はできる、と思うこと」
「自分はやるんだ、と思うこと」
「行動すること」
「夢を小さな目標に分解すること」
「潜在意識を使うこと」・・・
内容は最近良く見かける自己啓発本と同じですが
この本(の原書)は1960年に出版されているのです。
ですので、なんだか著者が時間を越えて語りかけてくれているような気がして
不思議な気持ちになりました。

本書では
「成功は目的地ではなく旅である」
と書いています。
ゴールではなく、その道中こそが幸福である、
ということです。
そういう意味では、すでに成功を手にしているのかもしれません。

これだけの内容なのに、
著者についての解説が本当にあっさりしているのが
またまた不思議で調べてみたら
臨床心理学者なんですね。
まるほど、それで潜在意識とか出てきたんですね。

他の著作はどんな内容なんでしょう。
ちょっと興味があります。


宮大工の人育て
宮大工の人育て (祥伝社新書 104) (祥伝社新書)宮大工の人育て (祥伝社新書 104) (祥伝社新書)
(2008/03/25)
菊池 恭二

商品詳細を見る


著者は岩手県遠野市で社寺専門の工務店を営む宮大工です。
法隆寺、薬師寺の宮大工として有名な西岡棟梁の元で6年間修行をされたそうで
その時の教えや、西岡棟梁の人の育て方について書かれています。

このような職人の世界では、技術は教えてもらうものではなく、
自分で探求し、先輩の周りをうろついて盗むものだそうです。
現に、著者は西岡棟梁のお茶出しなどの雑務をしながら
他の職人が出入りできなかった部屋や打ち合わせに立ち会うことができ
様々なことを吸収したそうです。

また、弟子から何か質問されても
「お前はどう思うんだ?」と逆に質問を投げかけ、
直接答を教えるようなことはしなかったそうです。
このあたりはコーチングと似ています。

著者が陣頭指揮を執り建てられた遠野市福泉寺の多宝塔五重塔をWEBで見ましたが
ぜひ一度実物を見に行ってみたいです。
起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術
起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術
(2008/11/29)
勝間 和代

商品詳細を見る


勝間本が続いています。
起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術

勝間流幸運のつかみ方―
身の回りに起きたことの中から、どのように考え、決断し、行動すれば、
不運を幸運に、幸運を実力に買えることができるのかについて書かれた本です。
著者はこの力を「メンタル筋力(心の筋力)」と定義して
具体的に4つのスキルとして記載しています。

1.脳内フレーム120%活用法・・・潜在意識を最大限に活かす方法
2.即断即決法・・・大量の情報から不必要な99%を捨て1%の本質をつかむ方法。
            これは即断でなければならない。
3.パーソナル資産増強法・・・個々人の資産(経験、技術、お金、人脈)をいかに内容を充実させ増やすか。
4.勝間式人間関係の兵法・・・周りと協調し、自分のやりたいことを最大に引き出す環境を創り出す方法

「自分がどのような行動を選択すべきか」という点において、先に読んだ「史上最強の人生戦略マニュアル」の勝間マニュアル版みたいな印象を持ちました。

例によって、細かな技術の説明は、専門書を紹介する形式となっていますので
自分が未知の技術が出てくるとチンプンカンプンになってしまいます。
いい加減、ラテラル思考を勉強しないと。

史上最強の人生戦略マニュアル
史上最強の人生戦略マニュアル史上最強の人生戦略マニュアル
(2008/09/27)
フィリップ・マグロー

商品詳細を見る

勝間和代さんが影響を受けたとオススメで、かつご自身が翻訳されている「史上最強の人生戦略マニュアル」。
内容をざっくり言うと、「自分をちゃんと知り、責任を持って行動しよう」ということになるでしょうか。
文章にするととても簡単になってしまうのですが、
まず「自分をちゃんと知る=認識する」が結構大変です。
「行動(感情を含む)を選択したことによって結果を選択している」
根が深い問題は、これすら「私の選択って何?」と掘り起こさないと認識できません。
なんせ「自分が認めていないことは変えられない」のですから、
この認める作業がとても大切になります。

興味深かったのは「見返り」の話。
なかなかやめられない習慣は見返りが何であるかをつきとめ、
それを断つことが大切というもの。
アルコールや甘い物であれば話は比較的容易だが、
「運動を先送りする」などにも見返りがあるというのは結構新鮮でした。

この本は、ただ読むのではなく
各処に設けられた課題に取り組んでいかないとご利益がないと思いますが
一番山場の戦略を立てるところが未着手です。
25項目について自分を分析するのですが、1項目10分として250分ですからね。
(だいたい1項目10分で終わるとも限らない)
しかし、ここをこなして実行に移さないと、本当にご利益ないので
今週は重点的に取り組みたいと思います。

ところで、昨年7月に勝間さんの「人生戦略策定セミナー」を受講したのですが
そのとき語られていたのがこの本の「目標設定の7つのステップ」のエッセンスだったんですね。
ページをめくりながら会場での様子が思い出されました。