プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EQ(心の知能指数)の鍛錬は始まっている
今日、学童へ娘を迎えに行くと、
なにやらとっても不機嫌な様子。
あきらかに何かに憤慨している。
ずっと黙りこくっていたが、家に着くなりトイレに篭り泣き出した。

本人が話しやすい環境を充分に作った上で聴いてみると
学童の先生に言われてある絵を描いていたら
ある友達に、自分の絵と見比べられた後、面と向かって
「○○ちゃんって(絵が)下手」と言われたそうだ。

本人にしてみれば
「お友達は模写だが、自分は見ないで描いた。
見て描けばもっと上手に描ける。
でもそんなこと言っても仕方がないし、
人の気も知らないで・・・」
ということらしい。

娘は絵を描くのが大好きだし
もっと上手くなりたいと色々と試行錯誤しているのも知っている。
なので、友達の一言が、
かなり強烈に本人の心に刺さったことが推し量られた。

ただ、娘は、その子に言い返してもナンセンスだと思ったそうで
下を向いて静かに涙をこらえていたそうだ。

「(傷ついてるって)気がついたのはお母さんだけだったよ」
という娘を
「辛かったね。よく我慢したね。」と
ぎゅーっと抱きしめた。

こうやって人間関係にもまれながら
感情のコントロールを学んでいくのだろう。

もう少し大きくなったら、
システム・コーチングのメタスキルも教えてあげようと思う
とある春の日。

スポンサーサイト
地震の時、側にいてあげられなかったから仕事を辞めようか悩み中
今回の大震災で、自分にとって何が大切か、はっきりしたという方も少なくないと思います。

人生をどう生きるのか、
自分は何のために生きるのか、
そんな問いを持ち続けている方もいらっしゃると思います。

そんな中で、

タイトルのようなお悩みを
小さなお子さんをお持ちのワーキングマザーの方がつぶやいていらっしゃるのを
何回も目にしました。

そのように思うのは無理もないと思います。
多くのワーキングマザー、ファザーの心の中を
同じような想いがよぎったことと思います。

本当に、心の底から
「何よりも、どんな非常時でもすぐに駆けつけ、側に自分がいることが最優先。
そのために他のどんな犠牲もいとわない。
このことが自分にとって一番大切。」
そう思うのなら、心の声の通り、お仕事を辞められて
子どもの側にすぐ駆けつけることができる、
そんな生活を選択をされたらいいと思います。

ただ、

ある一つの価値観が正論を声高に叫んで他の価値観を抑えつけようとする

これって、実はコーチングで時々扱うパターンだったりします。

人が持っている価値観は1つじゃありません。
AもBもCもあればDもある。
人には言えないけどEやFな自分もいる。
自分でも気がついていないGな自分もいたりする。

人ってそれ自身がとても多様性を持っているのです。

なので、

今、感情面でもストレス的にも平常とはいえないこの時期に
安易に1つの価値観の声だけを信じて、もやもやしたまま
えいっ!と決断しないで欲しいなと思います。

自分のコア(中心)の部分が、正常なエネルギーを回復するまで
ちょっとその問いを持ち続けておいてもいいと思います。

そして、
地震の時にすぐに駆けつけることができなかった自分を
どうかもうこれ以上責めないで欲しいと思います。

ワーキングマザー向けワークショップのご案内(第2弾)
私がコーチ仲間と共に活動していますWoman's Vision
ワーキングマザー向けワークショップ、追加開催のご案内です。

3月18日(金)『職場復帰直前ワークショップ』
-育休を終え、これから復帰しようとされているママへ-


「仕事」に焦点を当てたマインドセットを行います。
これまでどのようなキャリアを積まれてきたか、
仕事に対するどんな想いを抱いているのか
自分と仕事との関係に向き合います。
通常の「育休ママのためのワークショップ」とは異なり
実践的な内容となっています。

日時:2011年3月18日(金)13:30~17:00
場所:東京都中央区京橋
内容:
 (1)不安なことを共有する
 (2)これまでの仕事の棚卸をする
 (3)自分の仕事のスタンスを考える
 (4)3年後の自分を考える
 ※内容は若干変更する可能性があります

>>>詳しくはこちら

3月29日(火)「育休ママのためのワークショップ」(川口市)

「○○ちゃんのママ」ではなく、自分を主語にして語り合う場です。
保育園や仕事復帰のことなど、悩みや不安を共有したり
母親である以前の「私」にアクセスします。

日時:2011年3月29日(火)10:00~12:00
場所:川口市

>>>詳しくはこちら

「育休ママのためのワークショップ」は3月11日(金)調布、3月19日(土)横浜もございます。
詳しくはWoman's Vision公式サイトをご覧下さい。

皆さんとお目にかかるのを楽しみにしています!


明日は育休ワークショップ同窓会です
明日は、昨年Woman's Visionの育休者向けワークショップにご参加いただいた方の
同窓会ワークショップを行います。

すでに仕事と育児の両立という荒波に出られた方々、
これからその海に船を出そうと準備されている方々、
そんな皆さんにぜひエールを送りたくて、何かギフトとなるワークはできないものか
考えていました。

で、今回は
「パートナーとの関係性」もしくは「仕事との関係性」について
システムコーチングのツールを使ってみようと思っています。

数日前にメンバーと打ち合わせと練習をし、準備OKです。

さて、どんな場になるでしょうか。
今から楽しみです。

3月の育休者向けワークショップのご案内(第1弾)
3月は私がコーチ仲間と共に活動していますWoman's Vision
ワーキングマザー向けワークショップがいくつか開催されます。

いずれもコーチングの要素を用いながら、
自分自身と向き合い、可能性を広げる内容となっています。

3月11日(金)「育休ママのためのワークショップ」(調布市)
日時:2011年3月11日(金)13:30~15:30
場所:調布市(調布駅近くを予定。お申し込みの方には詳細をご案内いたします。)
http://kokucheese.com/event/index/7316/

3月19日(土)「育休ママのためのワークショップ~交流会&同窓会~」(横浜市)
昨年同ワークショップにご参加いただいた方および現在育休中の方の
両方の方にご参加いただけます。
日時:2011年3月19日(土)14:00~16:00
場所:横浜市男女共同参画センター フォーラム 和室2
http://kokucheese.com/event/index/7290/

皆さんの周りの育休中の方、復帰された方にもぜひご案内いただけますと嬉しいです。
また、人事部門、女性活用部門等の方々のご見学も受け付けております。

詳しい内容は http://www.womansvision.org/ をご覧下さい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。