fc2ブログ
プロフィール

平田 香苗 (Karika)

Author:平田 香苗 (Karika)
パーソナルコーチ/チームコーチ。研修講師。
ワーキングマザー支援団体 Woman's Vision 代表。
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ。
sanisa(長女)とまーちゃん(夫)との3人暮らし。千葉県在住。

Karikaコーチング
 コーチングサイト Karika Coaching
 【karika運営の他のサイト】
 ・Woman's Vision公式サイト
 ・実践!子育てコーチング
 ・「つながる!妙典・行徳」

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

All in the golden afternoon
あなたに拍手!!
自分らしく生きると楽になる
私はもともと違和感があることを我慢してやり続けることができない性格でした。

均等法世代の女子総合職だったので、理不尽な体験もかなりしました。
パワハラにもたくさん遭いました。
プライベートでもいろいろありました。

その度に「なんか違うよね」と思いました。
そして「なんか違う」ところにいると、自分の力が思うように出ないこともわかりました。
周りに期待しても何も変わらないこともなんとなく気がついていました。
考えられる手を打って、それでも駄目な時は別の道を選択する、
それが私のやり方だったのです。

私はそんな自分を
「忍耐力がない」とずっと思っていました。
でも今は違います。
「自分は選択することができる」と思っています。

いつでも、どんな場面でも
「選択肢は複数あり、自分で選ぶことができる」。
そう思ったら、人生が楽になりました。

そして、何を選ぶか、どのようにして選ぶかこそが
自分らしさだと思っています。

このサイトのトップにも掲載しているジョブスの「誰かの人生を生きるな」という言葉。
これは「自分らしく生きろ、自分で可能性を開き、選択しろ」と言っているのだと思います。

あなたには無限の選択肢があります。
選択権を行使していますか?

VTR収録
5月からスタートする
~楽しく学べて交流できるカレッジ&コミュニティ~ウィメンズライフデザインカレッジ“femme”」で
コーチング講座および婚活準備講座を担当させていただきます。

婚活もコーチングも土台となる考え方は一緒で
自分はどんな人間なのか
どうありたいのか
何が大切なのか
どんな人生を送りたいのか
これらを明確にすることから始まります。

今日は、その講師紹介の動画を撮影してきました。

Skypeと同じでwebカメラに向かって話す形でしたが、
人が映っているのを見るのと、自分がやるのとでは大違い!
うーん・・・といった感じです。
回数を重ねたら上手になるのでしょうか。

さて、ウィメンズライフデザインカレッジ“femme”ですが
4月はなんと1500円で講座が体験できます。

私の担当講座は下記の通りです。
詳細、お申込はリンク先をご覧下さい。

04月09日(土) 10:00~11:00
婚活前に知っておきたい「あなたの望む人生とパートナー」
~あなたが望む理想のパートナーとは~


04月09日(土) 11:10~12:10
婚活前に知っておきたい「相手を引き出す会話術」
~初対面でも会話の続くコツ~


04月23日(土) 10:00~11:00
自分を変えるコーチング
~自分を止めているものの正体を知ろう~


お目にかかるのを楽しみにしています!

シゴタノ!スピードハック研究会懇親会に参加しました
昨日はシゴタノ!のスピードハック研究会の懇親会に参加しました。

毎週ustreamで拝見している大橋悦夫さんやお声だけ耳にしていた佐々木正悟さん
また、共にスピードハックにチャレンジしている仲間と様々な悩み、ノウハウやアイデアを
シェアしてきました。

最近、コーチや講師など、全くの初対面でも笑顔で人の顔を見て話したり、人の話を聴くことが
できる人の集まりに出ることが多く、
今回の懇親会は久しぶりに、理系独特の
どちらかというと研究職肌の方々の雰囲気をとても懐かしく感じました。
大学の仲間ってこんな雰囲気だったよね~と。
(私、工学部だったのです。)

大橋さんも佐々木さんも、人と会うよりも引きこもって原稿を書いていたいという
これまでに会ったことのないタイプの講師さんでした。
本当に職人気質なんですね。

さて、現在同研究会メンバーはTaskChute等のアプリケーションを利用して
TODO管理や時間管理等を行い、
各自が設定した目標を達成することにチャレンジしています。
(もちろん、単にツールを使いこなすだけでなく、
その際発生する心理的状況等への対処方法も含まれています。)

私自身はコーチング歴が長いので、ゴール設定やそこまでのプロセスについて
マインドを中心に比較的なじみがあります。
しかし、それにプラスして、
ツールを使いこなせるとやっぱり強いんですね。

マルチタスクの取りこぼしが少なくなりますし、
はじめから「詰め込みすぎ」ないようになってきますので
(そう!1日にできることは意外と少ない!
 ・・・ということをTaskChuteを使って痛感しました。)
「自分は今日これしかできなかった」という敗北感がなくなります。

人間の記憶力なんて、所詮あてになりませんし、
佐々木さんのおっしゃるとおり「意思の力は無駄遣いしてはいけない」のです。

「タスクの先送りは未来の自分を苦しめる物。
未来の自分に楽をしてもらいたいから今やってしまう。」

こちらは大橋さんの名言です。

必要があれば、クライアントの皆さんにもどんどんオススメしたいと思っています。


大橋さん、佐々木さんのスピードハックが満載のサイトはこちら↓
シゴタノ!仕事を楽しくする研究日誌

緊急ではないが重要なことを後回しにしないコツ
自分のやるべきこと、やりたいことを
「緊急か/緊急でないか」「重要か/重要でないか」のマトリックスに配置してみると、
「緊急ではないが重要であること」が意外と後回しにされていることに気がつきます。

例えば今の私の場合、
・ジョギング
・子どもの写真を整理する
・クロスバイクのメンテナンス
・知人に「そろそろ会わない?」のメールを送る
等々が「緊急ではないが重要であること」で、
かつ現在後回しになっている項目です。

この「緊急ではないが重要なこと」、
意外と行動に落とし込むのに工夫が必要だったりします。
以下、思いつくままに書き出してみます。


○その行動の向こうにある真の目標を意識する

 例えば、「本を読む」であれば、その本を読むことによって知識を得て、
 最終的に何かに活かしたいと思っているわけで、
 その本当の目標を達成することが自分にとってどれだけ大切なことかを意識します。
 自分のミッションや価値観に沿っていればいるほど、
 やらずにいる理由が見つからなくなります。

○仲間を見つける

 「クロスバイク、よく乗ってますよね!」と声をかけられるのですが
 実はあれも「夫」という自転車仲間がいて、
 「今日はどこに行こうかな?」と誘ってもらえるので継続して乗ることができているのです。

 自分で同じ志のコミュニティに参加するというのも工夫の1つです。
 例えば「本を読む」「何か学習を進める」というのであれば、
 園先生の「速習セミナー」がオススメで、セミナー後もSNSで仲間と切磋琢磨することが
 可能ですし、
 現在もシゴタノ!のスピードハック研究会に参加しており、
 お蔭さまで3ヶ月の目標を1ヶ月ちょっとで達成することができました。

○宣言する/報告する

 周りの人に「私、○○をやります」と宣言して、
 チェックされちゃう状況に自分を追い込むやり方です。
 家族や職場などリアルな人間関係だけでなく、Twitterやブログも有効です。
 そのことを継続的に行いたい場合は、
 実施報告をすることがモチベーション維持につながります。
 私が今年から始めた「玄関に花を飾る」習慣も、
 このブログで写真をUPし、報告することで継続することができています。

○環境を作る/障害を取り除く

 例えば、今、毎朝ヨガをしているのですが、
 一度PC前に座ってしまうとそのまま仕事モードになってしまい、
 ヨガをする気が失せてしまいます。
 ですので、今は、PCを立ち上げる前、もしくは
 ヨガが終わるまでは急ぎのPC処理は立ったまま行うようにしています。

○見える化する/ご褒美を設定する

 家族で通年実施となりました「読んだ本の数」の表などが「見える化」の一例です。
 その他、「達成したら自分にご褒美をプレゼントする」などの工夫もあると思います。

○コーチをつける

 半分冗談で半分本気です。
 私のようなプロのコーチでもコーチをつけています。
 「真の目的を意識する」「宣言/報告する」「見える化する」「環境を作る」など
 コーチ1人をつけることでお得なセットメニューのできあがりです。


実はこの『「緊急ではないが重要なこと」をやるための工夫を書き出しておく』というのも
スピードハック研究会の佐々木正悟さんからご指南いただいたものです。

こうやって宿題のようなものを出されることも、私にとっては効果てきめんだったりします。

コーチングって前にばかり行くものではない
「コーチング」というと「目標達成」とか「自己実現」のイメージが強いと思いますが、
実際のセッションではそんなポジティブな視点をあえて外すこともあります。

「頭ではこれじゃないとわかっているのに動けない」とか
「将来のビジョンが何も浮かんでこない」とか。

そういう時って、今、目の前もしくは自分自身にある「何か」が
充分に消化されていなかったりします。

そんな状態で、いくらコーチがポジティブに
「どうしたいの?」なんて未来に焦点をあてても
何も起こらないんですよね。

「急がば回れ」ではないですが
今の自分をまず充分に掘り下げましょう。
そうしたら、自然と目線は未来に向きます。